MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

KTM移籍のザルコ「残念」ながらレース完走が今の“目標”に

シェア
コメント
KTM移籍のザルコ「残念」ながらレース完走が今の“目標”に
執筆:
2019/05/08 3:18

KTMのヨハン・ザルコはスペインGPでは、ライバルよりも“マシンと”戦っており、完走する事に集中しなければならない事が“残念”だと語った。

 KTM移籍1年目のヨハン・ザルコ。彼は第4戦スペインGPを14位で終え、これまでの4戦全てでポイントを獲得しているものの、計7ポイントに留まっている。

 ザルコはスペインGPに、ルマンで行っていたプライベートテストでの進捗もあり、よりポジティブな心持ちで赴いた。しかしFP1でのクルーとのミーティングで、彼が激怒しているところを目撃されている。

 彼はレースをチームメイトのポル・エスパルガロの後ろで終えたが、今戦を“いつもどおりに厳しい”と認めている。

「もっと多くのライダーをパスしたかったが、それは不可能だった」

 そう語るザルコ。

「本当にレースでは限界ギリギリで、加速の部分で多くを失っているんだ。加速を失いすぎている時、ブレーキングでオーバーテイクすることは難しくなってしまう。何かを試すには遠すぎるんだ」

「いくらかペースを保つことはできたし、ポルと一緒にオーバーテイクもできた。それから、彼は良いペースを取り始めて、僕はレースの半分以上はついて行くことはできたが、少しずつギャップが広がった」

「僕はレースを完走することに集中していた。その時点で僕が目指せる目標で、唯一の事だったからだ。ただレースを完走する事が目標なのは、本当に残念だ。だけど僕は、まだ他のライダーたちというよりも、バイクと戦っているんだ」

「僕としては、僕らはマシンの全部をトップ(グループ)以上に改善しなければならないというのが全体的な考えだ。この週末の間、僕らは改善することはできたけど、それでもまだ弱点は同じだ」

 RC16をより上手く乗りこなしているエスパルガロとの比較でも、ザルコは差を詰めており、これまでのところは改善を示している。それによってレースでのエスパルガロのライディングを観察することができるようになった。

 しかし、エスパルガロがレース終盤にホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)へ対し挑戦し続けると、ザルコは彼について行くことができず、チェッカーを受ける頃には6秒差が付いていた。

「ポルの走りを見て、彼もブレーキングに苦戦していることが分かった。彼は何度も(ラインから)外れていたが、スロットルを開けた時により自信を持って僕よりも上手くトラクションをコントロールしているんだ」と、ザルコはチームメイトの走りを説明する。

「彼は多くの事を行っている。右足でリヤブレーキをコントロールしていて、おそらく電子制御のセットアップ戦略もそうだ。このパッケージの全てを彼は良く理解していて、僕よりも良くコントロールできている。それが彼にロレンソを捕まえるだけのポテンシャルを与えているんだ」

「僕はそのポテンシャルを持っていなかった。彼らはタイヤを使い切るだろうから僕は追いつけると考えていた。だけど、そうではなかった。タイヤは彼らも、僕も同じように劣化していった。そして僕は、ただレースを完走する必要があったんだ」

Additional reporting by Lena Buffa

次の記事
好スタートで3位表彰台を獲得。ビニャーレス「苦手のヘレスで、期待以上の結果」

前の記事

好スタートで3位表彰台を獲得。ビニャーレス「苦手のヘレスで、期待以上の結果」

次の記事

“悲しい×がっかり×心配” 得意のヘレスで12位に沈んだロレンソ、厳しい状況が続く

“悲しい×がっかり×心配” 得意のヘレスで12位に沈んだロレンソ、厳しい状況が続く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第4戦スペインGP
サブイベント Race
ドライバー ヨハン ザルコ
チーム KTM
執筆者 Valentin Khorounzhiy