MotoGP
02 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
21 時間
:
37
:
49
R
第15戦タイGP
04 10月
-
06 10月
次のセッションまで……
14 days
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
R
第17戦オーストラリアGP
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
35 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
42 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
56 days

ザルコ、KTM同士でクラッシュ……オリベイラは不満を見せる

シェア
コメント
ザルコ、KTM同士でクラッシュ……オリベイラは不満を見せる
執筆:
2019/08/27 1:30

MotoGP第12戦イギリスGPでミゲル・オリベイラとのクラッシュを引き起こしてしまったヨハン・ザルコに、次戦サンマリノGPで3グリッド降格のペナルティが科されることになった。

 MotoGP第12戦イギリスGPの9周目に、KTMのヨハン・ザルコがターン14でミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)のイン側に入った際に接触。両者はクラッシュを喫してしまった。

 スチュワードによる報告では、「ザルコの無責任なライディングがクラッシュを引き起こした」とされている。それによりザルコには次戦サンマリノGPで3グリッド降格のペナルティを科されることが決定した。

 オリベイラは転倒の原因となったザルコに批判的で、このクラッシュにより自身のトップ10フィニッシュの可能性が閉ざされてしまったと語っている。

「彼はあそこでのオーバーテイクについて楽観的すぎたと僕は思う」

 オリベイラはクラッシュ時をそう振り返った。

「良いペースがあると感じていただけに残念だ。マシンには良いフィーリングがあったんだ」

「僕はそこで少しだけどタイヤをマネージメントしていたんだ。あそこで誰かがオーバーテイクしてくるとは予想していなかった。コーナリングしていて、突然(ザルコが)出てきたんだ」

「彼が何を考えていたかは分からない。彼は2度の世界チャンピオンだし、MotoGPでも3年近い経験がある。レースのどういったタイミングや場所で追い抜きをかけるべきかをより分かっているはずだ」

 一方、ザルコは「かなり低速のコーナーでミゲルを抜こうとした。彼は僕を認識していると思ってコーナーへ入ったんだ。それにプラクティスでは何台かのマシンをそこで抜いていたからね」と語った。

「あいにく、彼が僕を見た時には既に遅すぎた。バイクを起こす時間が彼には無かったんだ。そこで僕らは接触し、クラッシュしてしまった。残念だよ」

「彼のレースを台無しにしてしまったことについては本当に申し訳ないと思っている。彼にとっては良いレースになる可能性があったんだからね」

Read Also:

 

次の記事
表彰台逃したロッシ、失速の原因はリヤタイヤ。クラッチローも手を焼く

前の記事

表彰台逃したロッシ、失速の原因はリヤタイヤ。クラッチローも手を焼く

次の記事

モンスターエナジー、8月27日から「ロッシ応援キャンペーン」を開催

モンスターエナジー、8月27日から「ロッシ応援キャンペーン」を開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第12戦イギリスGP
サブイベント Race
ドライバー ヨハン ザルコ , ミゲル オリベイラ
執筆者 Jamie Klein