MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
4 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
18 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
24 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
32 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
46 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
53 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ザルコ、ピットレーンスタートのペナルティ科される。前戦「無責任な走行」と認定

シェア
コメント
ザルコ、ピットレーンスタートのペナルティ科される。前戦「無責任な走行」と認定
執筆:

ヨハン・ザルコはMotoGP第5戦オーストリアでフランコ・モルビデリとの間で発生したクラッシュについて、ザルコ自身の無責任な走行が原因だと認定され、次戦決勝レースをピットレーンスタートとするペナルティを科された。

 MotoGP第5戦オーストリアGPの決勝レースで発生した、ヨハン・ザルコ(アビンティア)とフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)の高速クラッシュ。そのクラッシュに裁定が下され、ザルコは次戦決勝レースをピットレーンからスタートすることになった。

Related videos:

 オーストリアGPの決勝レース10周目に事故は起こった。ターン2で接触したザルコとモルビデリのバイクはターン3に向かって激しく転がり、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスとバレンティーノ・ロッシに接触寸前の危うい事態を引き起こし、レースは赤旗中断となった。

 ザルコはモルビデリの前に出た際、ブレーキング中にラインを変更したとして激しい非難を受けた。モルビデリに至っては「半分人殺しだ」と発言するような状況だった。

 MotoGPスチュワードはこのインシデントに関して、スティリアGP開始を前に、両者への聞き取りを実施。その結果ザルコの行動は“無責任だった”と結論づけ、ザルコに対し次戦のピットレーンスタートというペナルティを科すと声明を発表した。

「ヨハン・ザルコとフランコ・モルビデリがレッドブラッグをもたらしたオーストリアGPのレースの後、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)とMotoGPスチュワードパネルは8月20日に両ライダーから聞き取りを行なった」

「評価の結果、ヨハン・ザルコの無責任なライディングの証拠があると判断され、ペナルティが科された。彼は次戦のMotoGP決勝レースをピットレーンからスタートする」

 ザルコはクラッシュの結果、深刻な怪我などは無いと診断されていたが、月曜になって右手舟状骨を骨折していたことが判明。水曜日に手術を受け、術後48時間は出走が行なえない規則のため、スティリアGPのFP1とFP2は欠場が決まっている。

 なお同じオーストリアGPの予選では、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)とアレイシ・エスパルガロ間でアタック妨害をめぐり、ペトルッチが中指を立てるジェスチャーを行なった件に対し、警告が行なわれた。

 

Read Also:

MotoGPスティリアFP1:レッドブルリンク連戦はミラーが首位発進。中上好調4番手

前の記事

MotoGPスティリアFP1:レッドブルリンク連戦はミラーが首位発進。中上好調4番手

次の記事

MotoGPスティリアFP2:中上貴晶、期待高まる2番手タイム! エスパルガロ弟トップ

MotoGPスティリアFP2:中上貴晶、期待高まる2番手タイム! エスパルガロ弟トップ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント スティリアGP
ドライバー ヨハン ザルコ
チーム Avintia Racing
執筆者 Rachit Thukral