F1
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
23 8月
-
25 8月
FP4 まで
02 時間
:
49
:
21
スーパーGT
R
第5戦:富士
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
R
第6戦:オートポリス
07 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
13 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
34 days

グロージャンNASCARデビュー計画。今夏にも

シェア
コメント
グロージャンNASCARデビュー計画。今夏にも
執筆:
2016/05/10 15:39

スチュワート・ハース・レーシングは、ロマン・グロージャンをNASCARに参戦させる計画を進めていることが分かった。グロージャンは、早ければ今年の夏、上旬にもNASCARをドライブすることになる。

Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-16
Romain Grosjean, Haas F1 Team
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-16
Romain Grosjean, Haas F1 Team
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-16
Kurt Busch, Stewart-Haas Racing Chevrolet
Kurt Busch, Stewart-Haas Racing Chevrolet
Kurt Busch, Stewart-Haas Racing Chevrolet
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-16
Romain Grosjean, Haas F1 Team

 グロージャンがNASCARで走ると言うアイデアは、彼が昨年ハースのファクトリーを訪れた時に言及していた。

「僕らはそれをやってみるかもしれない。ちょっとカッコイイよね」と、当時のグロージャンは、NASCARスプリントカップのマシンのシートに座り、そう語った。

 その夢は、多くの人が予想するよりも早く実現するかもしれない。スチュワート・ハースは、現在グロージャンを走らせるために必要なことは何か、調査を進めているようだ。

「それは我々のウィッシュリストの中では具体的なものだ」と、ハースF1のチーフ・オペレーティング・オフィサーであるジョー・カスターは語る。

「我々は今、そのために仕事をしている。それが今年になるのか、あるいは来年になるのか、わからないけどね」

 ハースのNASCARチームは、グロージャンを走らせるためには、何でもすると言う。カスターは言う。

「現役のF1ドライバーが、NASCARで良い走りをするほど面白いものは、他にないだろう。皆さんにとって、とても良いことだと思う。そして、多くの興味を集めるだろうね」

ソノマかワトキンスグレンでデビューか?

 グロージャンがNASCARで走るのは、早ければ今年に夏になると考えられる。理想的なのは、6月26日のソノマか、8月7日のワトキンスグレンである。ソノマのレースは、F1のヨーロッパGP(バクー)とオーストリアGPの間の週、ワトキンスグレンはドイツGPとベルギーGPの間の”夏休み”期間にあたる。

「何が起きるか分からないが、確かにそれらは我々のリスト上にある」とカスターは説明する。

「ただ、その前に彼をテストしたい。彼はルーキーだからね」

「これらのことに関して、障壁があるとは考えていない。我々はそれを決断し、スケジュールを確保しなければいけない」

「5台になるのか、もしくは4台のクルマになるのか。彼はもうひとつのチームと、ガレージで仕事をしなければならない。それが全てだ。我々は詳細を詰め、実施するために十分な時間を確保しなければならない」

 ドライバーの履歴にかかわらず、NASCARに参戦するドライバーは、承認を受けなければならない。また、スチュワート・ハース・レーシングは、現在4台のマシンを走られている。これは、1チームが走らせることが許された上限数である。しかし、チームは7レースに限り、5台目のマシンにルーキーを乗せて走らせることが許可されている(グロージャンも、この”ルーキー”に分類される)。

F1とNASCARをクロスさせる

 ハースは今季からF1に参戦したことで、”グランプリチームが何をやっているのか?”という点について、相当な関心が寄せられていると、カスターは語る。

「私はマネージメントから、クルーに向けたフィードバックを受け取った。それは
我々のチームに対してだけではなく、選手権、Xfinity(放送を担当するケーブルテレビ局)、サーキット、全てに対してだ」とカスターは言う。

「人々はそれに魅了されている。彼ら私にそれを尋ね、それに従っている。このスポーツにとっては素晴らしいことだ」

「それぞれのレースのプラットフォームは異なるけど、共通点は多くある。多くのツールも。彼らは10年前にNASCARでやった事とは違う眼でそれを見ている。その逆もまた然りだ」

「F1のガレージでは、チームやオーナーたちから、NASCARの魅力について質問を受ける。それがこのプロジェクトの面白いところだ。ふたつのカテゴリーがクロスするわけだからね」

「我々が本当にやりたいことは、ファンの関心を駆り立てることだ。我々は、我々のF1チーム、そしてNASCARチームに、より多くの注目が集まるようにしていきたい」

 

次の記事

次の記事

グロージャン、NASCARのデビューは「ワトキンスグレンか来年」

グロージャン、NASCARのデビューは「ワトキンスグレンか来年」
コメントを読み込む