アロンソ、NASCARのジミー・ジョンソンとマシンを交換

シェア
コメント
アロンソ、NASCARのジミー・ジョンソンとマシンを交換
Jim Utter
執筆: Jim Utter
協力: Ken Tanaka
2018/11/05 10:58

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、NASCARのジミー・ジョンソンと、マシンを交換するイベントの実施を計画している。

Jimmie Johnson, Hendrick Motorsports, Chevrolet Camaro Lowe's for Pros
Jimmie Johnson, Hendrick Motorsports, Chevrolet Camaro Lowe's for Pros
Jimmie Johnson, Hendrick Motorsports, Chevrolet Camaro Lowe's for Pros
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren, on the grid

 2018年のF1最終戦アブダビGPの翌日、マクラーレンのフェルナンド・アロンソと、NASCARカップ・シリーズのジミー・ジョンソンがマシンを交換。それぞれのマシンを走らせるイベントが、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われることになった。

 この走行に先立ち、ジョンソンはホームステッドで行われるNASCARカップ・シリーズの最終戦後にマクラーレンのファクトリーを訪れ、F1マシンのシミュレータでトレーニングをするという。

 ジョンソン曰く、彼の所属チームであるヘンドリック・モータースポーツは、多量のタイヤと装備品をバーレーンに輸送、アロンソに使わせるよう手配しているという。

「彼が走りたいと思うだけ走れるようにする」

 そうジョンソンは語る。

「彼らも僕に対して、同じことを提案してくれている」

 実はアロンソもNASCARのシミュレータを体験する予定があったというが、F1ブラジルGP→WEC上海→F1アブダビGPというハードスケジュールの合間に、実施することができなかったようだ。

「アロンソにシボレーのシミュレータに乗るチャンスを提案したが、スケジュールが最初からうまくいかなかった」

「僕のクルマ(NASCAR)から、彼のクルマ(F1)に乗り換える方が、おそらく大きな変化ということになるだろう。だから彼は、マクラーレンに行ってファクトリーを見学することを勧めたんだ。だから僕は『オーケー! 全てやるよ』というようなことを言ったんだ」

「なぜそうするかって? だってこれは僕の人生におけるチャンスだよ! だから彼らが用意してくれるモノを全て試すつもりだ」

次の記事
パトリック、古巣チームのマシンを”チャーター”しデイトナ500出場決定

前の記事

パトリック、古巣チームのマシンを”チャーター”しデイトナ500出場決定

Load comments

この記事について

シリーズ F1 , Monster Energy NASCAR Cup
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中 , Jimmie Johnson
執筆者 Jim Utter
記事タイプ 速報ニュース