NASCAR、ホームステッド戦に1000名のファン招待。アフター・コロナ初の”有観客”レースに

3月にコロナウイルスの世界的なパンデミックが宣言されて以来、NASCARホームステッド戦は、ファンに門戸を開いた最初のレーストラックとなった。

NASCAR、ホームステッド戦に1000名のファン招待。アフター・コロナ初の”有観客”レースに

 ホームステッド=マイアミ・スピードウェイで開催されているNASCAR カップシリーズの1戦、ディキシーウォッカ400はファンの限定入場が許された、特別なレースとなった。

 グランドスタンドには合計1000名のファンが招かれた。招待されたのは、軍のメンバーや、救急隊などのコロナウイルスへのファースト・レスポンダー(初期対応者)がメイン。ピットの反対側にあるグランドスタンドの8つのセクションに広がってレースを観戦した。

 しかし肝心のレースは降雨によりスタートディレイ。レースが始まると、付近に落雷があった影響で、NASCARはわずか5周で走行中断を余儀なくされた。

 2度のF1王者であり、インディ500ウイナーのエマーソン・フィッティパルディと息子のエモ、およびプロアメフトリーグ(NFL)のスターであるアルビン・カマラもVIPゲストに招かれた。

 カマラはレースに参戦しているババ・ウォレスのTシャツと帽子を着用し、スイートからレースを観戦した。彼は数年前からウォレスと親交があったという。

 なお落雷が続いたことにより、レースは2時間以上も中断。タイヤトラブルによるイエローコーション、赤旗掲示などもあり照明の下、現地時間20時11分にレースがようやく再開されている。

 

 

Read Also:

シェア
コメント
米国NASCAR、“黒人差別の象徴”南軍旗の使用を全面禁止へ。人種差別に配慮示す

前の記事

米国NASCAR、“黒人差別の象徴”南軍旗の使用を全面禁止へ。人種差別に配慮示す

次の記事

NASCARで“絞首刑用の縄”設置のヘイト犯罪が発生。唯一の黒人ドライバー標的に

NASCARで“絞首刑用の縄”設置のヘイト犯罪が発生。唯一の黒人ドライバー標的に
コメントを読み込む