ライコネン、NASCAR参戦に向けて準備は完璧?「これまでのところ、とても順調だ」

NASCARカップ・シリーズ参戦に向け、テストを行なったキミ・ライコネンは、より良い準備が整ったと語った。

ライコネン、NASCAR参戦に向けて準備は完璧?「これまでのところ、とても順調だ」
Listen to this article

 8月21日にワトキンスグレンで行なわれるNASCARカップ・シリーズにスポット参戦することが決まっているキミ・ライコネンは、このレースに向けたテストをバージニア・インターナショナル・スピードウェイで実施。このテストを行なったことで、より良い準備を整えることができたと語った。

 トラックハウス・レーシングは、NASCARの認知度を高めるため、国際的に有名なドライバーを走らせるプロジェクト91を推進している。その一環としてワトキンスグレンでは、ライコネンがマシンを走らせることになっている。

 そのライコネンはこのNASCARカップ・シリーズへの参戦に向けてテスト。その感想を次のように語った。

「このマシンと比較できるようなモノは何もないけど、レースで走らせるマシンと全く同じではないとはいえ、何周か走れたのは良かったと思う」

「ラップをただ重ね、楽しむだけでもとても有益だった。マシンがどう機能しているかを知るために、ロングランをやった。だからきっと、レースの週末に、プラクティスに臨むのがより楽になるだろう」

「もちろん、2011年にカップカーを走らせた経験が少しある。でも今回のマシンは新世代のマシンで、ずっと良くなっている。多かれ少なかれ、僕が期待していた通りのモノだと思う。事前にシミュレータで試していたから、事前の知識はある程度あった。だから大丈夫だ。しかも、実際のマシンと同じことが起きるんだ。タイヤが熱くなると、より滑るようになるんだ」

「これまでのところはとても順調だよ」

 ライコネンにとっては、ワトキンスグレンでのレースは、昨年のF1最終戦アブダビGP以来の実戦ということになる。そのため、テストに関する厳しい規則があるなか、可能な限りピットストップの練習も行なったようだ。

「おそらく50周くらいは走っただろう」

 ライコネンはテストについてそう語った。

「今回のテストとシミュレータがなければ、20分のプラクティスにいきなり挑み、その後予選に挑むことになっただろう。そうなれば、はるかに難しい状況だったはずだ」

「少なくとも、できる限りの準備をした。NASCARが周回することを許可してくれたおかげで、ベストを尽くすことができた。その結果、どうなるのか見てみよう。このコースは、僕にとっては初めてのコースだ。だから学ぶ必要がある。だから僕らの可能性がどんなモノか見ていくつもりだ」

「チームは素晴らしい仕事をしてくれたし、本当に良い人たちだ。マシンに乗るのは楽しかった」

「前回F1でレースした時以来、レースカーをドライブしてこなかった。だから楽しかったし、レースである程度良い結果を得られることを願っている」

 
Read Also:

シェア
コメント
ライコネン、NASCARカップカーでテスト走行! F1以来のレース参加へ向け「十分な準備がしたかった」
前の記事

ライコネン、NASCARカップカーでテスト走行! F1以来のレース参加へ向け「十分な準備がしたかった」

次の記事

NASCAR参戦のライコネン、チームメイトも速さは申し分無しと高評価。ただ「レースの激しさ」には苦戦も予想

NASCAR参戦のライコネン、チームメイトも速さは申し分無しと高評価。ただ「レースの激しさ」には苦戦も予想