あのミニ四駆走法は二度と見られない? NASCARが昨年話題の“壁走り”を公式に禁止、今後は罰則の対象に

NASCARは、昨年ロス・チャステインが披露して話題となった外壁を滑っていく走法を禁止することを決定した。

Ross Chastain, TrackHouse Racing, Moose Fraternity Chevrolet Camaro launches his car into the wall to speed around Turn 4 to pass Denny Hamlin, Joe Gibbs Racing, FedEx Freight Direct Toyota Camry

 昨年10月のNASCARマーティンズビル戦でロス・チャステインによって披露された超絶プレイは、海を越えて世界中の人々に衝撃を与えた。チャステインはプレイオフレースを生き残るため、最終ラップにわざと壁にぶつかり、猛スピードで外壁を滑走することでイン側を走るライバルをごぼう抜きしたのだ。

→【動画】チャステイン、”ミニ四駆”アタックで怒涛の5台抜き!|NASCARカップ・プレイオフ2022

 しかし、こういった“裏技”はNASCARによって公式に封じられることになった。NASCAR競技部門の代表者によると、これらは安全面を考慮して全てのタイプのサーキットで違反になるという。

 NASCARは先日、チームに対して次のような通達をしている。

「NASCARはルールブックのセクション10.5.2.6.Aに従い、今後あのような動きをする場合は安全でないとみなす」

「競技者が自身や他の競技者、ファンを脅かすような作戦をとらないよう、NASCARはマーティンズビルで行なわれたような安全でない試みをする車両に対してタイムペナルティを科すことになる」

「これは新たに設けられたルールという訳ではなく、安全に関する文言はルールブックに確かに存在している。マーティンズビルの一件の後、様々な検討がなされた結果、2022年の最後のレースまで一貫した裁定がされることになった。シーズン終了後にドライバーやチームとルールの解釈や裁定について最善の方法を議論してきたが、これが今後の安全のためにも正しい解釈だと思っている」

 最終コーナーへの進入で壁にぶつかり、そのままアクセルを緩めることなく5台を追い抜いたチャステイン。ミニ四駆を想起させるような独創的な走りはSNSで1億回以上再生された。何人かのドライバーはこの大胆な行動に拍手を送る一方で、その合法性やいわゆる“パンドラの箱”が開いてしまったことに関する懸念の声もあった。

 チャステインを破って昨年のチャンピオンに輝いたジョーイ・ロガーノも、この行為を禁止すべきだと持論を述べていた。

「正直、あれはすごかったと思う。クールだったし、あんなの初めてだった」とロガーノは言う。

「今はこれを禁止するルールがないが、そういうルールが必要だと思う。というのも、チェッカーが近付いた時に全員が壁に向かっていったらそれはどうかと思うからだ」

「ドライバーにとってもファンにとっても、マシンを壁際に寄せてゴールまで運ぶのが安全かどうか分からない。フェンスやゲートが完全に閉まっていなかったら? マシンがそこに引っかかってしまったら? ロスはそういったリスクを負ったんだ」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ジェンソン・バトン、NASCARでのレースはル・マンだけじゃない?「チャンスがあれば飛び込むだろうね」
次の記事 ”本当のNASCAR”、お見せします。バトン、ガレージ56枠でのル・マン24時間にワクワク「子供に戻ったような気分」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本