F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

EVフォーミュラ入門カテゴリーが20年夏スタート。童夢F110を採用

シェア
コメント
EVフォーミュラ入門カテゴリーが20年夏スタート。童夢F110を採用
2019/03/28 10:18

EVフォーミュラの入門カテゴリー”ERA”が、2020年の夏にヨーロッパでスタートすることになった。そのシャシーには、童夢のF110が採用されることになった。

 EVフォーミュラの入門カテゴリーであるエレクトリック・レーシング・アカデミー(ERA)が2020年の夏にスタートすることが発表。同シリーズのシャシーには、童夢のFIA F4用シャシーであるF110が使われることも明らかになった。

 このERAは、スポーツクラスとイノベーションクラスに分かれ、イノベーションクラスは、レギュレーションに定められた範囲内でパワートレインやエネルギー貯蔵システムを、参戦チームが自ら開発できるという。

 その最初のシリーズは、ベルギー、オランダ、イギリスという3カ国ののサーキットを転戦することになり、全8レースを予定。1戦あたりのレース時間は23分に定められるという。

 ERA用の最初のレースカーは、前述の童夢F110に130kWのモーターと24kWhバッテリーを搭載し、今年の6月に発表される予定である。

 ERAのテクニカル&ビジネスディレクターであるディーター・ヴァンスヴィーゲンホーヘンは、プレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「手頃な価格の電動レースのプラットフォームを発表するのが、ERAチャンピオンシップにおける我々の目標だ。これは、新進気鋭のドライバーたちに、チャンスを提供することになる。またその一方で、技術革新を軌道に乗せることができる」

「我々はパートナーである童夢と共に、イノベーション、そしてアクセシビリティという目標を達成することができる。そして今年の夏に、我々のクルマを発表できることを、大いに期待している」

 また、童夢の髙橋拓也社長も、次のようにコメントを寄せた。

「我々のF110シャシーをヨーロッパで認知させる、初めての素晴らしい機会です。さらに、我々のF110シャシーが、同時のパワートレインを開発できるという独自のレギュレーションを備えた、EVレースシリーズで使われるのも初めてのことです」

「我々は、参加者の皆さんの、エネルギー貯蔵システムとパワートレインの開発が発展していくのを、楽しみにしています。長年にわたるシャシー開発の経験を活かし、将来のレースのためのベースを提供できることを、誇りに思います」

童夢F110とERAのテクニカル&ビジネスディレクターであるディーター・ヴァンスヴィーゲンホーヘン

童夢F110とERAのテクニカル&ビジネスディレクターであるディーター・ヴァンスヴィーゲンホーヘン

Photo by: ERA Championship

次の記事
SF参戦のアウアー&F4ランク3位の小高がトヨタ・レーシング・シリーズ参戦

前の記事

SF参戦のアウアー&F4ランク3位の小高がトヨタ・レーシング・シリーズ参戦

次の記事

Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ

Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Other open wheel