女性だけの新カテゴリー”Wシリーズ”2019年始動へ

シェア
コメント
女性だけの新カテゴリー”Wシリーズ”2019年始動へ
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/10 12:09

2019年から、女性だけのシングルシーターレース”Wシリーズ”が旗揚げされる予定だ。

 2019年から、女性だけのフォーミュラカー新カテゴリー”Wシリーズ”がスタートする予定だ。このレースではタトゥース製のF3スペックのマシンが使われ、元F1勝者のデイビッド・クルサードが強力にバックアップ。総額150万ドル(約1億7000万円)の賞金も用意される予定で、勝者には次なるカテゴリーを目指すための資金として、50万ドル(約5600万円)が贈呈される。

 初年度にあたる2019年シーズンには全6ラウンドが予定されていて、初戦はヨーロッパのいずれかの国で来年5月に開催予定である。1レースの長さは30分、うち1戦はイギリスでの開催が確定している。また、将来的にはオーストラリアやアジア、そしてアメリカでの開催も見込まれている。

 Wシリーズに参戦するドライバーには、スポンサーシップの持ち込みを強要されることはない。しかしながら最高の才能による戦いにすべく、厳格なドライバー選考プロセスが設けられる予定だ。

 クルサードの他、元F1チームマネージャーであるデイブ・ライアンがレーシングディレクターとして、またレッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイも、アドバイザーとしてシリーズに関わる予定だ。

「Wシリーズによって、女性と男性のレーシングドライバーが、同じ機会を与えられ、同じ条件で互いに競争することができると確信している」

 そうクルサードは語る。

「しかし現時点では、女性のレーシングドライバーは、GP3やF3のレベルで、見えない壁に当たってしまう傾向にある。しかし多くの場合は才能の問題ではなく、資金不足の結果としてそういう状況に見舞われてしまう」

「そういうわけで、全く新しい、女性だけのシングルシーターのシリーズが必要なのだ。それがWシリーズだ。これにより、女性たちはモータースポーツで活動できる場所を確保でき、彼女たちは必要なスキルを身につけることができる。そして既存の高いレベルのレースシリーズと同等の条件で、最高レベルの男性ドライバーたちと競うことができるのだ」

 WシリーズのCEOであり、資金調達も担当したキャサリン・ボンド・ミュアは次のように付け加えた。

「現時点では、シングルシーターのシリーズで戦う女性はごく僅かです。Wシリーズは2019年にその数を大幅に増やし、もっと多くの女性レーシングドライバーたちが、そのポテンシャルを強力に解き放つことができるでしょう」

「Wシリーズのドライバーたちは、そんな女性にとっても感銘を与える、世界のスーパースターになることでしょう」

 ニューウェイも、女性がF1で成功できない理由はないと感じていると語った。

「最高レベルのレースで、男性を相手に成功を収めてきた女性がごく僅かである理由は、能力の欠如ではなく機会の欠如であると私は信じている」

 そうニューウェイは語る。

「Wシリーズに参加し、女性ドライバーが互いに戦いながら能力を成長させることができるプラットフォームを作るのに貢献することができ、喜んでいる。彼女たちはここからキャリアを進めていき、最終的には男性を相手に勝つことになるだろう」

次の Other open wheel ニュース
フェラーリ、エンツォ・フィッティパルディを育成ドライバーに選出

前の記事

フェラーリ、エンツォ・フィッティパルディを育成ドライバーに選出

次の記事

女性限定のWシリーズを支援するクルサード「根本的な構造変化が必要」

女性限定のWシリーズを支援するクルサード「根本的な構造変化が必要」
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , Other open wheel
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース