トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days

角田、トヨタ・レーシングシリーズ参戦。同じレッドブル育成のローソンと一騎討ち?

シェア
コメント
角田、トヨタ・レーシングシリーズ参戦。同じレッドブル育成のローソンと一騎討ち?
執筆:
2020/01/15 3:00

ホンダ、そしてレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅は、2020年1月にニュージーランドで開幕するトヨタ・レーシングシリーズに参戦する。

 2019年にFIA F3で1勝を挙げ、2020年はFIA F2へとステップアップすることになった角田裕毅。彼はF2のシーズン開幕を前に、トヨタ・レーシング・シリーズに参戦することが明らかとなった。

 トヨタ・レーシング・シリーズは、ニュージーランドで開催されているフォーミュラカーレースで、2020年シーズンは1月17日(金)に開幕し、2月16日(日)に閉幕するまでの間、全5ラウンド15レースが行なわれる。

 多くのモータースポーツがオフシーズンの間に南半球で開催されるという性質上、他のジュニアフォーミュラカテゴリーで凌ぎを削る若いドライバーが多く参戦する傾向にある。当初はニュージーランド人ドライバーの参戦が大半であったが(現在日本で活躍中のニック・キャシディは2012年、2013年と連覇している)、近年は国際色豊かとなっており、2015年にはランス・ストロール、2016年にはランド・ノリスがチャンピオンに輝いている。

 また、2020年は車両も一新され、タトゥース製の『FT-60』が導入される。これはフォーミュラ・リージョナル欧州選手権やアジアンF3などで使用される車両と実質的に同じであり、これまでに使用していた『FT-50』と比べて25%もダウンフォース量が増加するという。そういったこともあってか、2020年シーズンは例年以上のエントリーがあるようだ。

 角田が参戦するチームは、M2コンペティション。チームメイトには、前年王者で角田と同じレッドブル育成ドライバーのリアム・ローソンがいる。また、日本で生まれ幼少期を過ごしたブラジル人ドライバー、イゴール・フラガもM2コンペティションの一員だ。

「このシリーズは競争が激しいということは分かっています。たくさんの優秀なドライバーたちがいて、多くのドライバーがコースを熟知しています」

 角田はそう語った。

「少なくとも僕は既にこのマシンで走る機会がありました。ポール・リカールで1日ドライブしました。使用したエンジンはレースで使うものと異なりますが、それ以外は同じでしたし、非常に有意義なテストでした」

「M2チームは非常にフレンドリーでプロフェッショナルだったので、ニュージーランドでレースをすることを楽しみにしています」

「楽な戦いにはならないと思いますが、少なくともシリーズを通して、コンスタントにトップ3フィニッシュすることを目指さなければいけません。僕はF1に行くために必要なスーパーライセンスポイントを必要としているんです」

Read Also:

次の記事
Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ

前の記事

Juju、2020年はデンマークF4に参戦。14歳で本格4輪レースデビューへ

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Other open wheel
執筆者 Marcus Simmons