F1
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
R
第15戦タイGP
04 10月
-
06 10月
次のセッションまで……
10 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
R
第8戦:もてぎ
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
39 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
4 days

笹原右京も参戦! 激戦の2019PCCJをJ SPORTSオンデマンドで観よう!

シェア
コメント
笹原右京も参戦! 激戦の2019PCCJをJ SPORTSオンデマンドで観よう!
執筆:
2019/04/26 4:03

今シーズンも全11戦が開催されるポルシェカレラカップジャパン。J SPORTSでは第1戦から第10戦までをオンデマンドで生中継配信する。

上村優太
笹原右京
武井真司
大滝拓也
PCCJ
笹原右京
PCCJ
笹原右京
PCCJ
PCCC
PCCC
笹原右京
上村優太

 世界各国でも同様の規格で争われるワンメイクレースとして、長い歴史を持つポルシェカレラカップ。その日本シリーズがポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)だ。

 今年もプロドライバーたちが参戦するオーバーオールクラスに加えて、ジェントルマンドライバーを対象としたジェントルマンクラスが用意され、総勢20台を超える車両で争われる。その中でも注目なのが、笹原右京の参戦だ。

 昨年まで全日本F3選手権などフォーミュラカーレースで活躍していた笹原だが、今年は新たなチャレンジとしてPCCJへの転向を決意。ポルシェジャパン・ジュニアドライバーに選ばれ、フル参戦のチャンスを掴んだ。過去にもこのPCCJで活躍をきっかけにスーパーGTなどトップカテゴリーのレースへステップアップしていったドライバーも多く、笹原の今季の活躍に注目が集まる。

 また今年は笹原以外にも注目の若手ドライバーが多数参戦する。昨年PCCJスカラシップドライバーとしてランキング2位を獲得した上村優太に加え、2013年と2014年のPCCJ王者で最近はスーパー耐久や86/BRZレースで活躍する小河諒も参戦。さらに昨年までFIA-F4に参戦していた大滝拓也もエントリーしている。

 さらにPCCJでの経験が豊富でスーパー耐久でも活躍中の星野敏、内田優大に加え、昨年のオーバーオールクラス3位の武井真司もいるなど、例年になくレベルの高いドライバーラインアップとなっているのが特徴だ。

 開幕戦の岡山ラウンドでは予選から上村、小河、笹原が頭ひとつ抜け出すバトルを展開。激しいタイムアタック合戦の末、上村が第1戦・第2戦ともにポールポジションを獲得した。第1戦のスタートでは2番手の小河が大きく出遅れて後方は混乱。小河が進路変更をした際に星野を巻き込んでしまうアクシデントが発生し、セーフティカーが導入された。波乱のレース展開となったが、トップの上村が冷静なレース運びをみせトップチェッカー。幸先の良いスタートを切った。

 続く第2戦は大雨の中でのレースとなり、SC先導でスタート。このレースでも上村がポールポジションだったが、SCが解除されると2番手の笹原が猛烈な勢いでトップに接近し追い抜きにかかる。PCCJでは先輩である上村も必死になって応戦を試みたが、7周目のバックストレートで横に並んだ笹原がヘアピンでパスしトップに浮上。その後は上村以下の後続を一気に引き離し、参戦2戦目で初優勝を飾った。

 開幕戦の岡山ラウンドを終えた上村は、今季のPCCJは激戦になると予想していた。

「今年でPCCJは3年目になりますけど、(第2戦は)今までの中で一番楽しいバトルができました。ドライバーのラインアップをみても、笹原選手だけでなくて、小河選手や大滝選手がいて、僕も含めて横一線の戦いになると思っています。これから皆も速くなっていくでしょうし、毎戦楽しいバトルができるんじゃないかなと思っています」

 また今季からオンデマンド配信が始まることについて上村は「すごくいいことだと思います!」と開口一番。PCCJの魅力をこのように語った。

「PCCJはレースだけではなくて、身近にあるポルシェだけで、あれだけのガチンコレースをやっているのが面白いところです。これを機にいろんな人に見て欲しいなと思います。そういう人たちに対して、僕たち若者が面白いレースを提供できればなと思います。次回の富士ラウンドはしっかりポール・トゥ・ウィンを決めたいです」

 早速、デビュー2戦目で優勝を飾った笹原も、このオンデマンド配信を通して、より多くのファンにこのレースの魅力を感じてほしいと語った。

「ハコ車の中では、世界最速のワンメイクレースだと思います。世界各国で同じレギュレーションで行われていますし、ここに出ている選手はみんながポルシェを愛していて、実際に楽しんで乗られている方が多いです」

「あと、ポルシェのクルマのベースとなっているのは、こういったサーキットの舞台でのノウハウです。このポルシェカレラカップで培われている技術が少なからず市販車に反映されていることは間違いないです。またワンメイクなので、非常に細かな争いが繰り広げられています。その辺も含めて、まずは多くの方々にPCCJを観てほしいなと思います」

 激戦必至の2019年ポルシェカレラカップジャパン。J SPORTSオンデマンドで見ることができる極上のバトルを、見逃すわけにはいかない。

 2019年ポルシェカレラカップ・ジャパンの視聴は、https://jod.jsports.co.jpまで。

次の記事
【PCCJ】ポルシェGT3・カップチャレンジ・ジャパン2017シリーズの暫定カレンダーが発表

前の記事

【PCCJ】ポルシェGT3・カップチャレンジ・ジャパン2017シリーズの暫定カレンダーが発表

次の記事

「新しい道を築いていきたい」笹原右京、PCCJをきっかけに再びヨーロッパ進出を目指す

「新しい道を築いていきたい」笹原右京、PCCJをきっかけに再びヨーロッパ進出を目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ PCCJ
執筆者 Tomohiro Yoshita