フィンランドラリー選手権第3戦:足立さやか3位入賞

フィンランドラリー選手権第3戦が行われ、ヤルッコ・ニカラ/足立さやか組が3位に入賞した。

 TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの一環で、フィンランドラリー選手権に挑戦しているコ・ドライバーの足立さやかは、3月10から11日に開催されたフィンランドラリー選手権第3戦、Tahko SM-Ralliにドライバーのヤルッコ・ニカラと共にスバル・インプレッサWRXで参戦し、クラス3位、総合3位で初の表彰台を獲得した。

 この第3戦は、同選手権では今シーズン最後となるスノーラリーであった。Tahkoスキーリゾートを中心に、フィンランド東央部のNilsiäで開催され、スペシャルステージ(SS)6本、総SS距離104.32㎞を含む全292.15㎞の行程で154台が競いあった。ここは様々な幅のコースが混在する非常にテクニカルなコースであり、ペースノートの精度の高さ、最適なタイミングでの読み上げなどが要求された。

 SS1でトップタイムを出し、好調なスタートを切ったニカラ・足立組は、SS2以降も常に総合3位のポジションをキープし、各ステージでのトップとの差は1〜3秒台という僅差の戦いを繰り広げた。最終SSは32.83kmと本ラリー最長で、さらに順位が上がることも期待された。しかしニカラ・足立組のスタート直前で競技が45分中断されてしまった。その間には路面凍結が始まり、さらに通常のライトのみで薄暗い中での走行を強いられた。その中でもニカラ・足立組は最後のアタックを試みたが、エンジン不調が重なり、スローダウンを余儀なくされた。しかし最後まで慎重に車を運び、クルーにとって初めての表彰台を獲得した。

 各ステージで記録されたトップタイムの平均時速が120.4㎞/hというハイスピードの本ラリーで、ライバル車よりも速度が落ち、重量のあるR4車両でニカラ・足立組は大健闘だった。

■選手コメント

足立さやか
「今回のラリーはハイスピードセクションとナローセクションが混在していたのでとてもノートが大事だと思い、レッキの段階から慎重にノートを作りました。それでもラリーでは読み遅れてしまう箇所が何か所かありましたが、そこはヤルッコのドライビングと経験が私を助けてくれました。このラリーを通じてまた新しい発見があり、様々な工夫をお互いに話し合う事ができて、回を重ねるごとに彼を理解できるようになりました。次戦は私たちにとって初めてのグラベルのラリーなので、事前にグラベルでのレッキトレーニング、ドライビングテストを行い、準備を入念にしたいと思います」

ヤルッコ・ニカラ
「今回はハイスピードからナローセクションに入る際などブレーキのタイミングが難しかったのですが、サヤカは自分に合わせてくれたし、どんどんフィンランドのリズムに慣れてきています。サヤカのリーディングなしにあれだけ速く攻めることはできませんでした。もちろんまだいくつかの改善ポイントはありますが、走行を重ねるごとにフィーリングが合ってきているのを感じます」

■講師コメント
ヨウニ・アンプヤ(チーフインストラクター)
「このラリーはとてもハイスピードでテクニカルなコース設定のため、ペースノートが勝敗を大きく左右します。まだ新しいコンビにとって、学ぶことの多い、良いラリーでした。このラリーをR4でR5の上位車と互角で戦えたことは素晴らしい成果であり、ハイスピードでのサヤカのペースノートのリーディングが正しく行えていたからとも言えます。細かいセクションでのリーディングのタイミングやロードセクションでの誘導など、改善すべきポイントはまだあります。これからもコ・ドライバーとしての経験を多く積み、スキルを磨いてほしいと考えています」

【TOYOTA  GAZOO Racingプレスリリースより抜粋】

【関連ニュース】

【WRC】メキシコ最終日:6位&7位のトヨタ、初グラベルを無事完走

【WRC】メキシコ:ラトバラ6位「困難は予想を超えたものだった」

【WRC】FIA「ラリーの高速化防止の為、競技規則の改訂が必要」

【WRC】マキネン「今季のラトバラはタイトル争いする可能性がある」

元WRC年間2位の女性ドライバーが語る。「男女差は最高速度で起きる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Other rally
記事タイプ 速報ニュース