フィンランドラリー選手権開幕戦:足立4位入賞。勝田・新井は完走

ラリーチャレンジプログラムでフィンランドラリー選手権に挑戦したコ・ドラ足立は総合4位を獲得。勝田/新井らは完走した。【プレスリリース】

 TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラムにて欧州でトレーニング中の勝田貴元、新井大輝お よび 2017年よりコ・ドライバーとしてフィンランドラリー選手権に挑戦する足立さやかが、1月26-28日に開催されたフィンランドラリー選手権第1戦、Arctic Lapland Rallyに参戦し、3組揃って完走を果たした。

 勝田、新井は昨年に引き続きフォード・フィエスタ R5で参戦。今シーズンの初戦となったArctic Lapland Rallyは、フィンランド北部のロヴァニエミを拠点に開催される伝統あるラリーである。当ラリーは走行路の 大部分が北極圏内で、過去にマイナス35度の中で戦われたことでも知られるが、今年は氷点下1-3度程度の条件となり、ラップランドの特徴的な路面で走行を学ぶ機会として、勝田、新井の両選手にとっては最高のコンディションとなった。

 勝田、マルコ・サルミネン組はSS1で好タイムをマークし順調なスタートを切るも、SS2で雪壁にスタッ ク。観客の力を借りて道に戻りSS2を終えることができたが18分のタイムロスを喫し、続くSS3、SS4ではマシントラブルに見舞われた。それでも翌日は気持ちを新たに出発、2日間で総SS距離251.61kmを走り切り、総合20位でラリーを終えた。一方、新井、グレン・マクニール組は終始安定した走りを見せ、最後まで上位争いを続けたが、入賞も視野に入った最終のSS10で雪壁にスタックし、5分のタイムロスとなり結果的に10位でラリーを終えた。

 同ラリーには、2017年よりコ・ドライバー育成プログラムとしてフィンランド選手権にシリーズ参戦する 足立もドライバーのヤルッコ・ニカラとスバルインプレッサ WRXで参戦しており、常に上位でラリーを引っ 張った。最終ステージを目前にフロントデフを失ったことで、惜しくも表彰台を逃し4位となったが、初めてのペアでのラリーの内容にニカラも足立も満足し、次戦への手応えを掴んだ。

 勝田・新井の次戦は2月9-12日に開催されるFIA 世界ラリー選手権 第2戦のラリー・スウェーデン(WRC2 クラス)。今回のラリーで学んだことを活かし、世界のトップドライバーに混じって3日間のスノーラリーに 挑む。また、足立は2月17-18日に行われるフィンランドラリー選手権第2戦、Vaakuna Rallyに参戦する。 

勝田貴元:

「SS2でスノーバンク(雪壁)にスタックしてしまったことと、SS3、4でのエンジントラブルは残念でしたが、最後まで走りきり、雪上での経験値を増やすことができて、とてもよいトレーニングになりま した。新しいコ・ドライバーのマルコと初めての実戦でしたが、フィーリングはばっちりで、ペースノートにも迷いがなくなり、満足のいくドライビングができました。2日目の走行順は厳しかったですが、次回ラリースウェーデンのよい練習になると気持ちを切り替え、常にポジティブに走ることができたことも大きな収穫でした」

新井大輝:

「ラリー車に乗るのは久々だったので、感覚を取り戻すのに少し時間がかかりましたが、ラリーを通 して徐々に感覚が戻ってきました。3位に入れそうな位置で走れていたので最終SSだけはとても残念でした。 レッキ後に起こった強風でレッキ時はなかった雪が道を覆い、道の形状が変わってしまっていたコーナーがいくつもありました。意識して注意深くいったのですが、逆にリズムを崩してスタックしてしまい観客に助けてもらいました。でもこういうことが起こるのもラリー。今回はラリー中に色々セッティングを変えて試したこともとても勉強になったので、次回もこれまで得た経験を活かし、着実に進歩したいです」

足立さやか:

「ヤルッコはとても速いドライバーで、彼の豊富な経験に助けられました。初めてのヤルッコとのラリーを通してたくさんのことを学び、とても楽しんでラリーができました。初めての雪のラリー、長く、 ハイスピードの状況下でペースノートを読んだことは大きな経験となり、4日間のレッキでヤルッコと表現の工夫をできたことも大きな収穫でした。もっと成長できるように、これからも学び続けます」

ヤルッコ・ニカラ:

「サヤカとの新しいコンビはもちろん、自分にとっては英語のペースノートも初めてだった ため、お互い学ぶことがたくさんありました。ラリーが進むにつれ、お互いのフィーリングはどんどんよくなりました。ラリーが始まる前は、うまくいけばトップ 3 に入れると思っていました。最後にマシントラブル が発生したにも関わらず、ほぼそれに近い結果を出すことができてとてもうれしいです」

ヨウニ・アンプヤ(チーフインストラクター):

「今回のラリーにおいて、勝田、新井の実際のパフォーマンスは結果表に載った数字以上の内容だったと言えます。強豪のライバルたちに対し、ラップランドの独特で複雑な状況に慣れていない二人が、トップ5に入るステージタイムを出すなど、素晴らしいパフォーマンスでした。初日のタイムロスの結果、勝田の2日目の走行順は41番目となり、ロードコンディションの悪い中で走ることを余儀なくされ、また、前を走っている車にも追い付いてしまうこともありましたが、それもよい経験に変えることができたと思っています。新井は最終ステージまでは総合5番手につけており、終始非常によい走りをし、ヤルッコ・足立組もまた素晴らしい走りをしました。各クルーそしてチーム全体の成長は、今後 へのさらなる希望をもたらしました」

フィンランドラリー選手権第1戦総合結果:

1 Teemu Asunmaa/Jonne Halttunen (Skoda Fabia R5)
2 Juha Salo/Jarno Ottman (Peugeot 208 T16 R5)
3 Jussi Vainionpaa/Mika Juntunen (Citroen DS3 R5)
4 Jarkko Nikara/Sayaka Adachi (Subaru Impreza WRX)

5 Tomi Tukiainen/Mikko Pohjanharju (Ford Fiesta S2000)

------

10 Hiroki Arai/Glenn Macneall (Ford Fiesta R5)
20 Takamoto Katsuta/Marko Salminen (Ford Fiesta R5)

【関連ニュース】

足立さやか、フィンランド国内選手権SM-1クラスにフル参戦を発表 

トヨタ、ラリーチャレンジプログラム2017年の活動計画を発表

フィンランドラリー選手権最終戦:新井大輝が総合3位、勝田貴元は総合11位で完走

勝田貴元・新井大輝がFIA世界ラリー選手権(WRC)に初挑戦

コバライネンがラリー北海道に参戦。「もともとラリーが好きだった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Other rally , WRC
記事タイプ 速報ニュース