F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースにドライバーから称賛の声

シェア
コメント
ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースにドライバーから称賛の声
執筆:
2019/11/13 6:51

WRCラリージャパンのテストイベントとして開催されたセントラルラリー愛知・岐阜。参戦したドライバーからは、コースに対して称賛の声が挙がった。

 2020年にWRC第14戦として開催されるラリージャパンのテストイベントとして、11月8日〜10日に開催されたセントラルラリー愛知・岐阜。

 先日お伝えしたように、筆者はそのダイナミックなスペシャルステージに驚嘆したが、同大会に参戦した多くのドライバーからも同大会のスペシャルステージに驚きや称賛の声が挙げられていた。

 2005年および2007年のPWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)チャンピオン、新井敏弘は「ヨーロッパみたいにワイドでフローティングなステージが多かった。道幅が広く、ハイスピードなコースで海外を思い出させてくるようなコースで楽しかった」とのこと。

 さらに新井とともにPWRCを戦っていた鎌田卓麻も「ヨーロッパに近いステージですね。ペースノートもヨーロッパのようにしないとダメなほど、全日本ラリーのステージとは違っていました」と語る。

 一方、トヨタGAZOOレーシングのラリーチャレンジプログラムでWRC2を戦ってきた勝田貴元も「全日本選手権のステージは山の中だけでしたが、今回は広い道もあったし、民家の横を通るステージがあって、すごく楽しめるラリーになっていました」とセントラルラリー愛知・岐阜のスペシャルステージを高く評価。

 さらにWRC2を経て、2019年はERCに参戦していた新井大輝も「日本独特の狭い道もありましたが、全日本選手権にはない、ワイドでハイスピードのコースも多かった」と語る。

 もちろん、「タイヤを温める区間が十分に取れていなかった」と勝田貴元、「ジャンクションの外側のガードレールにギャラリーがいたので危なかった」と新井大輝が語るほか、「路面の悪いところも多かった。WRCでは危険だと思う」と新井敏弘が語るように、スペシャルステージにおいても改善すべき課題はあるものの、多くのドライバーがセントラルラリー愛知・岐阜のステージを高く評価しただけに、2020年のラリージャパンにも期待したいものだ。

Read Also:

次の記事
セントラルラリーはヤリスWRCの勝田が優勝。WRC日本への課題も浮き彫りに

前の記事

セントラルラリーはヤリスWRCの勝田が優勝。WRC日本への課題も浮き彫りに

次の記事

セントラルラリーを駆け抜けたヤリスWRC。PRだけじゃない、トヨタの”目的”は?

セントラルラリーを駆け抜けたヤリスWRC。PRだけじゃない、トヨタの”目的”は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Other rally , WRC
イベント Central Rally Aichi / Gifu 2019
執筆者 廣本 泉