訃報:ダニエル・ヘガティ、マカオでのクラッシュで逝去。享年31歳

イギリス人ライダーのダニエル・ヘガティは、土曜日に行われたマカオ・モーターサイクル・グランプリでのクラッシュで亡くなった。

 トップガンレーシング・ホンダのダニエル・ヘガティは、11月18日(土)にマカオのギア・サーキットで行われたレースの6周目、フィッシャーマンズ・ベントでクラッシュした。

 ヘガティはアウト側のウォールに激しく接触。彼はヘルメットが外れてしまうほどの衝撃を受けた。

 この事故を受けレースはすぐさま赤旗が掲示され中断。状況が深刻であることが明らかになり、レース終了が決定された。

 ヘガティはすぐに病院に搬送されたものの、レース主催者によると搬送途中に息を引き取ったことが確認されたという。

 マカオグランプリ委員会は「ダニエルの家族やチームと連絡を取り、レース委員会は彼らに可能な限りの支援を行う」と、声明を出した。

「マカオグランプリ委員会は、ダニエルの家族や友人たちに深い哀悼の意を表する」

 31歳、ノッティンガム生まれのダニエルは今回が2回目のマカオ参加。昨年は16位フィニッシュだった。

 ヘガティはマン島TTレースの常連でもあり、2011年からはスーパースポーツとスーパーバイク両方のイベントに参加していた。

 今回のレースは、5周終了時点での順位が結果に採用され、グレン・アーウィンが優勝となっている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Road racing
イベント名 Macau GP
サーキット Circuito da Guia
ドライバー Daniel Hegarty
記事タイプ 死亡記事