タイヤで明暗。渡辺一馬が初優勝、Kawasaki Team GREENが1-2達成

シェア
コメント
タイヤで明暗。渡辺一馬が初優勝、Kawasaki Team GREENが1-2達成
執筆: 松本和己
2018/05/13 8:01

全日本ロードレース選手権JSBクラス第3戦オートポリスは、スリックタイヤスタートを選んだKawasaki Team GREENがワンツーを飾った。

 全日本ロードレース選手権、第3戦オートポリスの決勝レースは、渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)がタイヤの利を活かしJSB1000初優勝。同じく2位を獲得した松崎克哉と共に、Kawasaki Team GREENにワンツーフィニッシュをもたらした。

 午前中にサーキット全体が雨による視界不良に見舞われた影響で、大幅にスケジュールが変更となった今週末の決勝日。午前中に予定されていた15分間のフリー走行も決勝直前に変更されたものの、再び霧が降りてきたため10分間で走行中断となった。

 しかし、幸いレースが開始できるまでに視界が回復。ウエットパッチが所々に残るという路面状態の中、周回数が20周から15周へと減算され、12時30分にスタートが切られた。

 絶好のスタートを見せたのは高橋巧(Team HRC)。6番グリッドから一気にポジションアップし、ターン1でポールポジションの中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)のインに飛び込み、前を抑えた。中須賀もひるまず、オープニングラップの第2ヘアピンでトップを奪い返した。

 3番手には渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)、4番手に秋吉耕佑(au・テルル・MotoUP RT)が続いた。

 いつ雨が降るか分からない空模様の中、トップ3台が先頭集団を形成。その中でも、高橋巧が中須賀に積極的にプレッシャーをかけていく。

 6周目のメインストレートで中須賀に並びかけた高橋巧は、オーバーテイクを完了。これでトップ浮上かと思われたが、さらにそのイン側から伸びてきた渡辺一樹が先頭で1コーナーを回った。

 その後もトップ3は熾烈な三つ巴バトルを展開。各コーナーでポジションを入れ替えていったが、高橋巧が再びトップに立つと、2番手となった中須賀との差を少しずつ広げていった。

 しかし、これでレースは終わらなかった。スタート直後はポジションを落としていた渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が、猛烈な追い上げを見せたのだ。スリックタイヤでのスタートを選んだ彼は、1分55秒台というハイペース。一方レインタイヤを履いている高橋巧は1分58秒台、中須賀は1分59秒台が精一杯で、あっという間に上位陣に追いついていった。

 渡辺一馬は10周目に渡辺一樹、中須賀を次々と攻略し2番手に浮上。そのまま高橋巧とのギャップもみるみる縮めていき、11周目のセクター3でいとも簡単にパス、先頭に躍り出た。

 同じくスリックタイヤを選択した松崎克哉も、レインタイヤ勢とは次元の違うペースでポジションアップし、2番手に浮上。Kawasaki Team GREENがワンツー体制を確立し、そのままチェッカーを受けるまで快走を続け、嬉しいワンツーフィニッシュを飾った。

 カワサキにとってホームコースとなるオートポリスで初優勝を挙げたことについて、渡辺一馬は「何よりの幸せだ」と語った。

 3位には、同じくスリックタイヤで追い上げた高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)が入り、表彰台を獲得した。

 レース中盤まで首位を走っていた高橋巧は4位でフィニッシュ。渡辺一樹は星野知也(TONE RT SYNCEEDGE4413)にもかわされ6位、開幕から連勝が続いていた中須賀は9位でチェッカーを受けた。

 スリックタイヤスタート勢が大きくポジションを上げる結果となった今回のレース。レインタイヤスタートを選んだ予選上位勢とは大きく明暗が分かれる形となった。

次の Road racing ニュース
マン島TTレースで死亡事故。同島出身のニーン、予選中の事故で他界

前の記事

マン島TTレースで死亡事故。同島出身のニーン、予選中の事故で他界

次の記事

中須賀克行、驚速ラップを記録! 開幕5レース連続ポールポジション

中須賀克行、驚速ラップを記録! 開幕5レース連続ポールポジション

この記事について

シリーズ Road racing
イベント 全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス
ロケーション オートポリス
執筆者 松本和己
記事タイプ 速報ニュース