全日本ロードレース:王者高橋との対決制した中須賀、鈴鹿ラウンド連勝

シェア
コメント
全日本ロードレース:王者高橋との対決制した中須賀、鈴鹿ラウンド連勝
執筆:
2018/04/22 10:41

全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿のレース2は、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝。開幕4連勝を果たした。

 22日(日)、全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿のレース2が行われ、高橋巧(Team HRC)との一騎打ちを制し、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が開幕からの連勝を4に伸ばした。

 開幕から3連勝中、このレース2もポールポジションからスタートした中須賀だったが、前日のレース1と同様、高橋巧(Team HRC)と渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が好スタートを見せた。

 ホールショットを獲得した高橋巧は、S字コーナーで渡辺一馬に一時リードを明け渡すも、ダンロップコーナーで並びかけ、トップをキープすることに成功した。

 一時は3番手まで落ちた中須賀も渡辺一馬を交わし、高橋巧を追走。両者は2分6秒台前半というハイペースでラップを重ねた。

 3周を終える頃には、トップの高橋巧と3番手渡辺一馬との差が2秒近くまで広がる。一方、2番手中須賀は高橋巧にぴったりと張り付き、優勝争いはファクトリー同士の一騎討ちの様相となった。

 トップ争いは接近したまま、不気味なほど静かにレースが進んで行く。前日のレース1では12周目に仕掛け、先頭に立った中須賀は14周を終えても高橋巧のラインをなぞるようにぴったりと追走したままだ。

 その中須賀が動きを見せたのは、15周目の2コーナー。インサイドに飛び込むも、続くS字で高橋巧も応戦、サイドバイサイドのバトルを制しリードチェンジを許さない。

 攻撃の手を緩めない中須賀は、デグナーの立ち上がりでレース1を再現するかのように高橋巧をオーバーテイク。しかしスプーンカーブでリヤがスライドしてしまう。この隙を見逃さず、バックストレートで高橋巧がリードを獲り戻した。

 再び2番手となった中須賀だったが、16周目のスプーンへのブレーキングで高橋巧のインサイドに飛び込む。これで再びトップに立つと、バックストレートでも逆転を許さずトップでフィニッシュラインを通過。続くセクター1で全体ベストタイムを更新、一気に逃げを打った。

 高橋巧にはついていく余力はなく、中須賀が2.128秒差でトップチェッカー。ホンダとヤマハの”HY直接対決”を制し、無傷の開幕4連勝を飾った。

 3位でフィニッシュしたのは、レース1で4位だった渡辺一馬。中須賀からは12秒以上離されてのゴールとなった。

次の記事
全日本ロードレース第2戦:集団戦を制した中須賀、圧巻の開幕3連勝

前の記事

全日本ロードレース第2戦:集団戦を制した中須賀、圧巻の開幕3連勝

次の記事

中須賀克行、驚速ラップを記録! 開幕5レース連続ポールポジション

中須賀克行、驚速ラップを記録! 開幕5レース連続ポールポジション
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Road racing
イベント 全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿
サブイベント レース2
ロケーション 鈴鹿サーキット
執筆者 松本 和己
まずは最新ニュースを読む