全日本ロードレース最終戦:中須賀が8度目王者に。高橋巧&清成が今季初優勝

シェア
コメント
全日本ロードレース最終戦:中須賀が8度目王者に。高橋巧&清成が今季初優勝
執筆: 先川 知香
2018/11/04 10:11

全日本ロードレース選手権の最終戦が行われ、レース1では高橋巧が、レース2では清成龍一が今季初優勝。また中須賀克行が今年のタイトルを獲得した。

 鈴鹿サーキットにて、2018 MFJ全日本ロードレース選手権最終戦『第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿』が行われ、JSB1000クラスのレース1では高橋巧(Team HRC)が、レース2では清成龍一(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)がそれぞれ今シーズン初優勝を飾った。

 またレース1を2位で終えた中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が、今シーズンのシリーズチャンピオンに輝いた。

レース1:高橋が今季初優勝も、中須賀のシリーズチャンピオンが決定

 全日本ロードレース選手権最終戦の決勝レースは、レース1・レース2の2レース制で行われた。激しく降りしきる雨の中、ウェットコンディションで10周のレース1が幕を開けた。

 ポールポジションスタートの中須賀が出遅れた隙を突き、2番グリッドスタートの高橋巧、そして予選6番手の渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)が好スタートを決めるも、渡辺は外側に大きく膨らんでしまい3番手に後退。

 そんな激闘のホールショットを奪ったのは、高橋。その後に、野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、渡辺と続くも、4番手走行中の中須賀がヘアピンで渡辺をオーバーテイク! 順位を入れ替える。

 そしてオープニングラップは高橋、野左根、中須賀、渡辺、加賀山就臣(TeamKAGAYAMA)、渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)の順で終えるも、2周目には野左根と中須賀というYAMAHA FACTORY同士の激しい2番手争いが勃発。中須賀の激しいプッシュに野左根も意地のブロックを見せるも、日立オートモティブシステムズシケインでインサイドに入られ、順位を入れ替えた。

 激しい2番手争いを尻目に、トップを走行する高橋はペースを上げ続け、2周目を終えた時点での2番手との差は3.333秒と、どんどん2番手以下を引き離し独走状態を展開。4周目のセクター1で区間最速タイムをマークするなど、1周当たり約1秒ずつの差を広げていく。

 そして2番手走行中の中須賀も3番手の野左根を大きく引き離し、5周目には1、2、3番手が全て単独走行の状態に。7周目には、高橋と中須賀のギャップは7.498秒まで広がるなど、レースは完全に高橋の独走となった。

 安定したレース展開が崩壊したのは8周目。後方から差をつめてきた渡辺が野左根に急接近。激しい3番手争いになるも、渡辺のリヤが暴れて追いつけず、そのまま最終ラップへ。

 高橋は独走状態のままチェッカーを受け、今季初優勝! 2位でコントロールラインを通過した中須賀は、2018年のシリーズチャンピオンを決めるも、その差は8.251秒と大差での敗北となった。

 そして、3番手争いを制したのは野左根。渡辺は善戦するもあと1歩追いつけず、悔しい4位となった。

レース2:MORIWAKIの清成龍一がファクトリー勢を抑えて初優勝

 雨は止んだもののレース1に引き続きウエット宣言のもと18周で争われたJSB1000クラスの決勝レース2。乾き始めた路面状況に各チーム、タイヤ選択に苦戦するも大半がレインタイヤを選択。そんな中インターミディエイトを選択した清成が、レース序盤から驚異のスピードを見せた。

 決勝レースがスタートし、2番グリッドスタートの高橋巧と6番グリッドスタートのブラッドリー・レイ(ヨシムラスズキMOTUL)が好スタートを決めるも、レイは後方に飲まれてしまい、ホールショットを奪ったのは高橋巧。その後を野左根、中須賀が追いかける体制となるが、日立オートモティブシステムズシケインで中須賀が野左根をオーバーテイク! オープニングラップは高橋巧、中須賀、野左根、渡辺一馬、秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)、清成の順となる。

 2周目にはトップ2が一気に接近。そのギャップは0.646秒と、中須賀は高橋巧との差を一気に詰め、2台のトップ争いになるかと誰もが思ったその直後、3番手には驚異の追い上げを見せた清成が浮上した。そして、トップ2台を射程距離におさめ仕掛けるも、最終コーナーで清成のリヤが暴れてしまった。

 しかしその後も諦めず、4周目の逆バンクでトップ2台を一気に交わし、清成がトップに浮上! そのまま一気に2台を引き離し、そのギャップは1.157秒に開いた。清成は、ひとり2分16秒台での走行を続け、5周目には2分15秒台とペースを上げ続けた。

 そして7周目には清成、中須賀、高橋巧、野左根、秋吉の順となるも、清成のペースは止まらず、2位とのギャップは約4秒に。8周目には2分14秒756とファステストを更新し続け、プライベーターであるMORIWAKIがファクトリーを抑えてトップを独走する驚きの展開となった。

 その後は清成、中須賀、高橋巧、野左根と各ライダーが単独走行を続ける安定したレースとなるも、9周目には秋吉と後方から追い上げてきた高橋裕紀(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)が激しい5番手争いを展開。2分15秒台とかなりいいペースを刻む高橋が、秋吉をオーバーテイクするとそのまま一気に引き離し、11周目には野左根にも追いつき、デグナーで再びオーバーテイク。MORIWAKIの2台がファクトリーチームを抑え、首位と4番手を走行する流れとなった。

 12周目、3番手走行中の高橋巧と4番手を走行する高橋裕紀のギャップは約17秒。高橋巧は2位を走る中須賀との差を着々と詰め、激しい2番手争いに発展するも順位は変わらなかった

7番手を走行していた星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413)が16周目に秋吉をオーバーテイクして6位に。そのまま5番手走行中の野左根にも迫り、17周目のムサシシケインで5番手に浮上。ここでもプライベーターが意地を見せた。

 トップを独走する清成は最終ラップまでペースを落とさず、そのままチェッカー! その後、2位で中須賀がコントロールラインを通過するも、そのギャップは23.799秒。清成は余裕を持って今季初優勝となった。

次の記事
JSB1000もてぎ決勝:中須賀克行が怪我を乗り越え、逆転で今季7勝目

前の記事

JSB1000もてぎ決勝:中須賀克行が怪我を乗り越え、逆転で今季7勝目

Load comments

この記事について

シリーズ Road racing
イベント 全日本ロード選手権第9戦MFJGP(鈴鹿)
執筆者 先川 知香
記事タイプ レースレポート