【スーパーフォーミュラ】バンドーン「SFは貴重な経験だった」

GP2の代表は、バンドーンがスーパーフォーミュラで学んだことは「それほど多くない」と語ったが、当のバンドーンは別の考えを持っている。

 GP2の代表であるブルーノ・ミシェルは、motorsport.comのインタビューで最近、「バンドーンが日本で学んだことはそれほど多くない」と語っていた。

 一方のストフェル・バンドーンは、レースへの鋭さを保っておくこと、そしてスーパーフォーミュラのダウンフォースレベルは貴重な経験だったと考えている。

 バンドーンはmotorsport.comの取材に対し、「速いマシンだから、良いシリーズだったと思う」と語った。

「2017年に向けては非常に良い準備になった。コーナリングスピードは非常に高かった。そして、非常に競争力のあるシリーズでもあった」

「2016年シーズンに、それを経験することができて嬉しかった。ヨーロッパで慣れ親しんできたこととは全く違う経験をする、良い機会だった」

「何もしないで、椅子に座って1年過ごすよりはずっと良い。鋭さを保ち、とても競争力のあるマシンをドライブする。そして、マシンのセッティングとエンジニアとの働き方を考え続ける過程になった」

 バンドーンはまた、ホンダのエンジニアの働き方を知る上でも、マクラーレン・ホンダからF1フルタイム参戦を果たす2017年に向け価値があったことを強調した。

「僕の場合、ホンダと密接して働くこと、そしてホンダのエンジニアと仕事をすること、さらに日本の文化を少し理解することは、とても良いことだった」

 そうバンドーンは付け加えた。

「(スーパーフォーミュラでの1年は)僕を鈍らせないようにしてくれた」

Additional reporting by Oleg Karpov

【関連ニュース】

GP2代表「バンドーンがスーパーフォーミュラで得たものは僅か」

ガスリー、スーパーフォーミュラ参戦へ。ホンダ陣営入りが有力

レッドブルのガスリー、来季スーパーフォーミュラへの参戦を検討中

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-後編

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-前編

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー ストフェル バンドーン
記事タイプ 速報ニュース