【スーパーフォーミュラ】新参戦B-Max「小暮選手に輝いていただく」

今季からスーパーフォーミュラに参戦するB-Max Racingの組田代表に、今季の意気込みと準備の進捗、そしてメーカーとの関わりについて訊いた。

 2017年シーズンから、スーパーフォーミュラのホンダ陣営に新たなチームが加わる。B-Max Racing Teamである。

 B-Maxはこれまで、スーパーGTのGT300クラスや全日本F3選手権に参戦していた。しかし、昨年の全日本F3で好成績(チームランキング1位)を挙げたことで、スーパーフォーミュラへの参戦を決意。ホンダエンジンを搭載したマシンでの船出となった。

 すでに昨年11月に鈴鹿サーキットで行われた合同テストに参加。その第一歩を踏み出していた。

F3のスタッフ中心でチームを運営

 これまでF3を担当していたスタッフで、スーパーフォーミュラに挑むB-Max。その準備の進捗は重要なのだろうか? 組田龍司チーム代表が語る。

「ようやく車両が工場に来ましたんで、ホンダのスタッフの方と、エンジンの搭載とか、そういう部分を詰めているところです。近いうちには組み上がる、そういうところまで来ています」

「クルマは、昨年まで別のチームが使っていたモノを譲り受けての参戦となります。そしてチームは、F3をやっていたスタッフが中心です。不足の人材は、外部から招き入れて補う予定です。もちろん、カテゴリー特有の勘どころという部分もあろうかと思いますが、車両を整備して走らせる分には、F3と大差ないと思っています。スタッフの技量を信じて参戦を決めたので、大丈夫だと思います」

 そうチームに全幅の信頼を置く組田代表。しかし当然、不足している部分もあると認める。

「レースを戦う上での設備や機材のノウハウがないので、そこは手探りです。また、ピットストップは練習の賜物だと思います。まだクルマが組み上がっていないので、実際の練習を始めることができていませんが、ピットワークでは1番になろうという意識で、練習をするための道具を作り、ポジション取りなどを想定したシミュレーションをやっています。また、作業時には俊敏性が求められると思うので、スタッフには鍛えておくよう言ってあります」

 ホンダ側としても、チームへのサポートを約束しているという。ホンダのスーパーフォーミュラの佐伯昌浩プロジェクトリーダーは「少しお手伝いをさせていただく」と語った。

「開幕前のテストまでは、研究所の車体に長けたメンバーが、少し手伝わなきゃいけないかなという印象を受けました。スーパーフォーミュラの経験がないメンバーのチームで参戦するということは、これまでなかったですから。データロガーの見方など、1〜2名のスタッフが現場でサポートすることになります。B-Maxさんはプロの集団ですが、その方が成績は良くなると思いますので」

メーカーとの”関わり”

 B-Maxといえば、スーパーGTやF3など、ニッサンとの関わりがこれまで強かった。今後その関係がどうなっていくのか、組田代表は明言を避けたが、メーカーとのコラボレーションに関しては次のように説明してくれた。

「それはパートナーさんあってのモノなので」

 そう組田代表は言う。

「目的が一緒ならば、コラボレーションができると思います。しかし条件が不一致の場合は、別のことをやらざるをえません」

「我々はスーパーフォーミュラで結果を出し、内外から評価されたいと思っています。その中で、パートナーさんから何かを依頼されれば嬉しいです。現時点でF3をホンダさんと一緒にやるということではありませんが、我々の活動にメーカーさんが賛同してくれたり、チャレンジするチャンスを将来いただければ、F3からスーパーフォーミュラへというラインができますので、そうなったら光栄だと思っています」

「B-Maxを走らせたら面白いと、そう思ってもらえるような結果を出したいと思っています」

小暮のキャリアに傷をつけられない

 ドライバーにも、様々な名前が取り沙汰されたが、最終的に小暮卓史を起用することに決まった。これについて組田代表は、「我々にとってベストな選択だった」と語った。

「新参チームを引っ張っていくことができる経験と、チャンピオンを狙うことのできる速さが同居している小暮選手が、我々にとってはベストな選択でした。11月のテストでも、フィードバックは実に的確だったと聞いていますので、それは我々にとって大きな助けになります」

「小暮選手も、勝ち目のないチームで走ることなど望んでいないと思います。我々のチームを選んでくれたということは、多少なりとも可能性を見出してくれたんだと思いたいですね」

 スーパーフォーミュラで挑む最初のシーズン。組田代表は次のように意気込みを語った。

「まずは周りを驚かせたいですね。『おお! やるじゃん!』と言われるようなパフォーマンスを見せたいと思っています。それから、小暮さんのキャリアに傷をつけないようにしたい。大きなことは言えませんが、最初から狙っていくつもりでやります。そうでなければ小暮さんにも申し訳ないです。彼に輝いていただく、そしてそのためのアシストを必ずするというつもりでいます」

 すでにマシンのカラーリングは決まっており、近日中にも公開されるという。組田代表は言う。

「自己満足ではありますが、格好いいと思いますよ!」

【関連ニュース】

【スーパーフォーミュラ】来季からSF参戦のB-Max「参戦台数は1台。ニスモとの活動は未定」

【SF】JRP社長「ガスリー参戦は世間の関心を集める起爆剤になる」

【スーパーフォーミュラ】熱効率を上げた新エンジンHR-417Eとは?

【SF】ガスリー「F1を目指す僕にスーパーフォーミュラはピッタリ」

【スーパーフォーミュラ】Wタイトル奪還狙うホンダ、SF参戦体制発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース