スーパーフォーミュラ

【スーパーフォーミュラ】GP2代表「バンドーンがSFで得たものは僅か」

シェア
コメント
【スーパーフォーミュラ】GP2代表「バンドーンがSFで得たものは僅か」
執筆:
協力: Oleg Karpov
2016/12/29 3:59

GP2代表のブルーノ・ミシェルは、バンドーンがスーパーフォーミュラで得たものはごく僅かだと考えている。

ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ストフェル・バンドーン(Sroffel Vandoorne, DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と村岡潔監督
レーススタート
Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS16
ストフェル・バンドーン(Sroffel Vandoorne, DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
ストフェル・バンドーン(Stoffel Vandoor, DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とアンドレ・ロッテラー(Andre Lotterer, VANTELIN TEAM TOM’S)
ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

 2015年にGP2でタイトルを獲得したストフェル・バンドーンは、2016年はマクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めながらスーパーフォーミュラに参戦し、2017年のF1デビューに備えてきた。

  バンドーンは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGからスーパーフォーミュラに参戦して2勝を挙げ、ホンダ勢トップとなるランキング4位でシーズンを終えた。

  今年GP2でタイトルを獲得したピエール・ガスリーも、バンドーンと同様に2017年はスーパーフォーミュラに参戦することが確実視されている。

  しかしGP2の代表であるブルーノ・ミシェルは、GP2を卒業したドライバーがスーパーフォーミュラでレースをしても、得られるものがあるとは考えておらず、スーパーフォーミュラが将来のスタードライバーを”拘束する”場になることも反対している。

「正直に言うと、ストフェルが日本で多くのことを学べたとは思っていない」とミシェルはmotorsport.comに話した。

「しかし、ドライバーたちにとっては良いことであるようだ。(リザーブドライバーとして)他のドライバーが走っているのを座って見ているだけでは、フラストレーションが溜まってしまうだけだ」

「だから彼らはこういった流れを選択肢に挙げている。しかしそこで学ぶことはない。周知のとおり、ストフェルは(F1でレースをする)準備ができていた。それでも、彼は1年待たなければならなかった」 

GP2を卒業したドライバーに心配はない

 またマイケルは、GP2でタイトルを獲得したドライバーがF1に乗るまで1年待つことになったとしても、それについては心配していないと主張した。

「GP2でチャンピオンになったドライバーがF1にグリッドにつくことは、いつだって素晴らしいことだ」

「今はストフェルに何が起きたのか、目を向けてみよう。ジョリオン(パーマー)だってそうだ」

 「彼らは、(GP2でタイトルを獲得した)翌年にF1に乗ることができなかった。しかし結局はシートを得た。私にとっては、これが最も重要なことだ」

「ピエールは、来年トロロッソのシートを得ることはできない。しかし彼も、F1への準備はできている。ある時点で彼もF1に乗ることができるだろうが、それが来年ではなかったということだ。そしてこれはアントニオ(ジョビナッツィ)も同じだ」

「彼らが自動的にF1に昇格できたら、それは現状よりも良いことかもしれない。でも、いつもそうはならない。そういうこともあるが、普通はそうじゃない」

【関連ニュース】

バンドーンF1へ旅立ち「SFは僕にとって、とても良い経験になった」

ガスリー「レッドブルとの関係は大丈夫」

2016年王者、国本雄資が成長した理由

ガスリーSF参戦へ。ホンダ陣営入りが有力

国本雄資の父語る「レーシングドライバーに育てるつもりだった」

2017年開催スケジュール確定版が発表。全7戦

次の記事
【スーパーフォーミュラ】2016年王者、国本雄資が成長した理由

前の記事

【スーパーフォーミュラ】2016年王者、国本雄資が成長した理由

次の記事

【スーパーフォーミュラ】バンドーン「SFは貴重な経験だった」

【スーパーフォーミュラ】バンドーン「SFは貴重な経験だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー ピエール ガスリー , ストフェル バンドーン
執筆者 Jamie Klein