【スーパーフォーミュラ】Team LeMansの7号車にダ・コスタ加入か?

スーパーフォーミュラのトヨタ陣営のラインアップが発表。空席のままのTeam LeMansの7号車に、ダ・コスタが加入する可能性がある。

 トヨタ自動車が2月2日に発表した2017年のモータースポーツ活動。全日本スーパーフォーミュラ選手権にはトヨタ・エンジンを搭載したクルマが11台出走するが、その中でSUNOCO Team LeMansの1台のみドライバー名が未発表だった。

 motorsport.comが独自のルートから入手した情報によると、ポルトガル人ドライバーで昨年のマカオGP勝者のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタを獲得すべく、チームが交渉中だという。

 ダ・コスタはBMWの契約ドライバーで、これまでフォーミュラE、DTMなどを戦って来たが、今年はDTMのラインアップから外れてフォーミュラEに集中すると言われていた。しかし、フォーミュラEの現状では、ドライバーが年間を通して専念するだけのレース数が無く、他のシリーズと掛け持ちしするドライバーが多い。ダ・コスタはフォーミュラEでの優勝経験もあるが、やはり競争のより激しいカテゴリーでのレースを望んでいたということだろう。もし、ダ・コスタの参戦が実現すれば、スーパーフォーミュラは賑やかなレースになる。

 ダ・コスタより早くスーパーフォーミュラ参戦が決まったのが、2016年のGP2チャンピオン、ピエール・ガスリーである。

 レッドブルとホンダは、すでにガスリーのスーパーフォーミュラ参戦を発表。チーム名はまだ明らかにされていないが、TEAM 無限との噂もある。真実は、2月13日に行われる『2017年Honda国内モータースポーツ活動計画発表会』で明らかになるはずで、この発表会にはガスリーも出席する予定になっている。

 とにかく、いずれのチームになったとしても、レッドブルカラーのマシンを走らせるのは間違いないようだ。

 ところでレッドブルに関しては、スーパーGTの500クラスに参戦する#37 KeePer TOM'S LC500をサポートすることが決まった。この37号車は平川亮/ニック・キャシディ組のクルマ。現在、車両のカラースキームを検討中で、近々に発表されるはずだ。

【関連ニュース】

TOYOTA GAZOO RACING 2017年モータースポーツ参戦体制発表

【フォーミュラE】ダ・コスタ、FEマシンをニューヨークで走らせる

【スーパーフォーミュラ】FE勝者ダ・コスタにSF参戦の可能性が浮上

【F1】ダ・コスタ「マカオで勝っても、F1への夢は復活しない」

【マカオF3】ダ・コスタが優勝し、マカオ2勝目を達成。山下は4位フィニッシュ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー アントニオ フェリックス・ダ・コスタ
記事タイプ 速報ニュース