【スーパーフォーミュラ】Wタイトル奪還狙うホンダ、SF参戦体制発表

ホンダの『国内モータースポーツ活動計画発表会』が開催され、2017年のスーパーフォーミュラ参戦体制が発表された。

 ホンダは13日、『国内モータースポーツ活動計画発表会』を行い、2017年のスーパーフォーミュラの参戦体制を発表した。

レッドブルカラーに塗られたTEAM 無限のSF14
レッドブルカラーに塗られたTEAM 無限のSF14

Photo by: Motorsport.com

 Hondaウェルカムプラザ青山に設けられた会場には、レッドブルカラーに塗られたスーパーフォーミュラのマシン、SF14が訪れた報道陣を出迎えた。

 このマシンに乗るのは、2016年のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリー。TEAM 無限の山本尚貴のチームメイトとして、レッドブルのF1マシンと同様にマット塗装が施されたマシンを走らせることになる。

 まず「コンニチワ!」と日本語で挨拶したガスリーはその後、「ホンダの選手として参戦することができて、大変光栄に思っています。今年は、全力で頑張りたいです」と語った。

 昨年はストフェル・バンドーンと野尻智紀がコンビを組んでいたDOCOMO TEAM DANDELION RACINGは、4年ぶりに伊沢拓也がチームに復帰し、野尻とコンビを組むことになった。伊沢は「大きなチャンスを与えていただいたので、ベストを尽くして頑張る」と意気込みを語った。

 NAKAJIMA RACINGは中嶋大祐が続投し、チームメイトは昨年SUNOCO Team LeMansに所属していたナレイン・カーティケヤン。トヨタ陣営からの移籍になるカーティケヤンは「再び、ホンダに戻ることができて嬉しい」と語った。

 REAL RACINGは塚越広大の1台体制。今年で10周年を迎えるREAL RACINGに優勝をもたらすべく、気合いが十分な様子だった。

 今年からスーパーフォーミュラに新規参戦するB-MAX Racing Teamは、経験豊富な小暮卓史をドライバーに起用。小暮は「まずは表彰台、そして優勝を目指す」と語った。

  ホンダの佐伯昌浩プロジェクトリーダーは「昨年は開幕戦、最終戦の優勝など、開発の方向性が正しいことは証明できましたが、タイトル奪還には届かず、悔しい思いをしました。今年は、さらに熱効率の高い新スペックのエンジンを投入し、タイトルを狙って全力で戦っていきます」と語った。

 ホンダが今季投入する熱効率を向上させたエンジンは、HR-417Eと名付けられたモノ。佐伯プロジェクトリーダーは、その詳細については明言を避けたが、「燃焼に関する部分は、大幅に変えている」と説明し、その期待感を示した。そして、今季の意気込みを次のように語り締めくくった。

「今年のスーパーフォーミュラは5チーム8台体制で、ドライバー及びチームのダブルタイトル奪還を目指し頑張ります。応援よろしくお願いします」

【関連ニュース】

【スーパーフォーミュラ】ガスリーSF参戦。RBRカラーのTEAM無限に加入

【スーパーGT】ホンダ2017年参戦体制発表「今年は何としても勝つ」

【WTCC】道上龍フル参戦決定! ホンダ、2017年参戦体制を発表

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【MotoGP】レプソル・ホンダ2017年体制発表。タイトル防衛を誓う

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ , F1 , FIA F2
記事タイプ 速報ニュース