スーパーフォーミュラSUGO決勝:ロッテラー「野尻を抜くのは不可能だった」

シェア
コメント
スーパーフォーミュラSUGO決勝:ロッテラー「野尻を抜くのは不可能だった」
執筆:
2016/09/26 5:59

5位だったロッテラーは、ダウンフォースとグリップの影響で、野尻を抜けなかったと語る。

アンドレ・ロッテラー、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)を抑える野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)

 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO決勝。9番グリッドからスタートしたアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)は、5位でフィニッシュした。

 ロッテラーは良いスタートを決め、ジャンプアップを果たした。

「良いスタートを切ったんだ。それで中山(雄一/KCMG)とジェームス(ロシター/KONDO RACING)をオーバーテイクした」

 そして7周目終了時点で、他のライバルに先んじてピットイン。タイヤ交換を行わず、給油のみでコースに復帰していった。

「ピットに早く入るという戦略も良かったね。そして、プッシュしていこうと思ったんだ」

 この戦略が功を奏し、さらにチームメイトの中嶋一貴のスロー走行などの影響もあって、ポジションを上げていった。しかしロッテラーは、セーフティカーラン解除後、ペースの上がらない3番手を走る野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の後方に詰まってしまう。

「セーフティカーで野尻の後ろについた。野尻のペースは速くなかったけど、オーバーテイクは不可能だった。近付くと、ドライブするのが難しくなるんだ。ダウンフォースを失ってしまうからね。そしてミスをして、一貴が僕を抜いていった。結局野尻を抜けず、ずっと”トレイン”のような感じになってしまった」

 野尻を抜けなかった原因を”ダウンフォースの抜け”だと言うロッテラーだが、タイヤのグリップも足りなかったと主張する。

「タイヤも良くなかった。ちょっと硬すぎたと思う。それで、グリップが足りないように感じた。だから、トレインになるしかない。とても退屈なレースになってしまった。そこ(野尻の後ろ)にとどまるしかなかったんだよ」

次の記事
スーパーフォーミュラSUGO:星野監督、関口に最大の賛辞「日本に置いておきたくない!」

前の記事

スーパーフォーミュラSUGO:星野監督、関口に最大の賛辞「日本に置いておきたくない!」

次の記事

小林可夢偉「これなら戦える」最終戦に手応え:SUNOCO TEAM LEMANS スーパーフォーミュラ第6戦レースレポート

小林可夢偉「これなら戦える」最終戦に手応え:SUNOCO TEAM LEMANS スーパーフォーミュラ第6戦レースレポート
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第6戦スポーツランドSUGO
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション スポーツランドSUGO
ドライバー アンドレ ロッテラー
チーム TOM'S
執筆者 田中健一
まずは最新ニュースを読む