【SF】ツインリンクもてぎ2&4、宇川徹と室屋義秀の来場が決定!

8月19日(土)、20日(日)に行われるツインリンクもてぎ2&4に、宇川徹が参加することが決まった。【ツインリンクもてぎ プレスリリース】

 全日本ロードレース250ccクラスで1991年から4年連続チャンピオンを獲得した宇川徹は、1994年のWGP(ロードレース世界選手権)日本グランプリ250ccクラスにスポット参戦し、3位表彰台をゲットすると、1996年からWGP 250ccクラスにHondaのニューマシンNSR250でフル参戦を開始。宇川はこの間、鈴鹿8時間耐久ロードレースで伊藤真一と組んで1997年日本人ペア優勝を飾るなど活躍したが、WGPでは勝てないまま3年が過ぎた。このまま未勝利に終わるのか? ファンがそう思い始めた1999年、ついにその時はやってきた。開幕戦から3戦連続2位表彰台を記録して迎えた第4戦フランスGP。当時はアプリリアのバレンティーノ・ロッシ、YAMAHAの中野真矢、同じNSR250のロリス・カピロッシら強豪を相手についに初優勝を飾ったのだ。NSR250と宇川のウイニングランは多くのファンが待ち望んだシーンだった。宇川はこの年ランキング2位となり、2001年にはGP500ccクラスにステップアップ。2002年にスタートしたMotoGP TMクラスでは第2戦で優勝し、この年はランキング3位の活躍をみせた。 

 この宇川がタイムトラベルレースに登場。1999年に自らがライディングしたHonda NSR250に乗り、ファンの前でその走りを披露する。

1999年 Honda NSR250 

 1986年にデビューした250ccマシンで、WGP(ロードレース世界選手権)や全日本ロードレースなどで数々のチャンピオンを獲 得した名車。国内では岡田忠之、宇川徹、加藤大治郎らがNSR250でタイトルを手にし、世界に進出。加藤は2001年に世界選手権でもこのNSR250でチャンピオンを獲得している。1999年は宇川徹、ロリス・カピロッシらがNSR250で世界選手権に参戦し、宇川はランキング2位と健闘した。

レッドブル・エアレース・パイロットの室屋義秀選手の祝賀飛行決定! 

ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ ツインリンクもてぎ2&4レースでデモ飛行を披露する室屋義秀
ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデイ ツインリンクもてぎ2&4レースでデモ飛行を披露する室屋義秀

Photo by: Mobility Land

 森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)は1997年の開業から、2017年で20周年 を迎えます。8月19日(土)・20日(日)の2輪、4輪国内最高峰のJSB1000、スーパーフォーミュラが同時開催される「ツインリンクもてぎ20thアニバーサリーデー ツインリンクもてぎ2&4レース」において、レットブル・エア レースで活躍する室屋義秀氏による祝賀飛行の開催が決定いたしました。

 現在、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017年シリーズの2大会で優勝、ワールドチャンピオンシップランキング2位にたっている。トップパイロットとして世界で活躍する室屋氏は、2007年・2008年とツ インリンクもてぎで開催していたFAIオートボルテージュ アエロバティックス日本グランプリにも参戦しておりま した。 ツインリンクもてぎの空に所縁の深い室屋氏が20周年を祝って、9年ぶりにツインリンクもてぎの上空に登場いたします。

【室屋氏コメント】
「当時、国内で行われていたFAIオートボ ルテージュ アエロバティクス 世界選手権 に参戦できたことは光栄で、パブリックトアワードで1位を頂いたことを鮮明に覚えています」
「開業20周年を祝うフライトができることを、心から楽しみししています」
■実施概要
【日時】2017年8月19日(土)・20日(日)
【場所】 ツインリンクもてぎ レーシングコース上空
※天候、視界不良、その他の理由により中止となる場合があります。

【ツインリンクもてぎ プレスリリース】

【関連ニュース】

もてぎ2&4レース、2輪・4輪マシンによる”タイムトラベルレース”実現

ランキング首位浮上の石浦「力を出し切ってすっきりしている」

ローゼンクビスト初表彰台獲得「2位は予想以上の結果だった」

真夏の富士で2度のタイヤトラブル。横浜ゴム「詳しく調べる」

次期マシンは「2019年導入を目標に検討中」とJRP社長語る

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
記事タイプ プレスリリース