今季初ポール獲得の野尻智紀「チームへの感謝を、決勝で形にしたい」

第5戦オートポリスの予選でポールを獲得した野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、予選後の会見でその嬉しさを語った。

 スーパーフォーミュラの第5戦の予選がオートポリスで行われ、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がコースレコードを更新し、ポールポジションを獲得。記者会見で喜びを語った。

 野尻は、その感想をまず「すごく嬉しいです」と、一言で表現した。

「スーパーフォーミュラの予選でポールポジションを獲得するのは、優勝するのとはまた別の嬉しさがあると思います」

 予選Q1では、他車のクラッシュにより赤旗が出る展開となったが、この段階で野尻はタイムを出せていなかった。途中までアタックをしてしまっていたこともあって、再開後はタイヤのパフォーマンスに不安があったという。

「途中までアタックしてしまっていたので、心境としてはもちろんすごく嫌でした。その後走るかどうかもわからなかったですし、タイヤ(のパフォーマンス)が残っているかどうかわかりませんでした。ここのコースは特に、タイヤが無くなっちゃうとタイムが出せないので、そこは不安でした」

「Q1は走り出しから調子が良くて、何事もなければ突破できると思っていたので、通れてホッとしました」

 予選Q2では、他車に引っかかったこともあり本来のパフォーマンスではなかったという野尻。それでも2番手でQ3に進出すると、コースレコードを更新する走りでポールポジションを獲得した。

「Q3は結構頑張りました。徐々に上げていかないと、僕は飛び出しちゃうタイプなので」と最後にはジョークも飛び出した。

 決勝に向けては「クルマも非常に良くてのポールポジションなので、もちろんチームに感謝していますし、その感謝を明日の決勝で表すことができればいいなと思います」と意気込んだ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第5戦オートポリス
サーキット オートポリス
記事タイプ 速報ニュース