来季SF参戦が噂される松下信治「タイトルを獲らなければF1昇格はない」

今月上旬のスーパーフォーミュラのテストに参加した松下は、シリーズ参戦を示唆する発言をし、「タイトルを獲得してF1を目指す」と語る。

 ホンダの育成ドライバーである松下信治は、来シーズンはスーパーフォーミュラに参戦することになりそうだが、F1へのチャンスはまだ残っていると語った。

 2017年も昨年に引き続きF2(昨年までのGP2)に参戦した松下。今年はランキング6位でシーズンを終えたものの、F1のスーパーライセンス獲得に必要なポイントを獲得するための順位、つまりランキング3位には届かなかった。

 シーズン終了後、彼は今月上旬に鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラのテストにDOCOMO TEAM DANDELION RACINGから参加。2018年は同シリーズに参戦するのではないかと見られている。

 松下はmotorsport.comに対し、「ホンダと共にスーパーフォーミュラに出場するため、日本に戻るつもりです」と語った。

「スーパーフォーミュラが気に入りました。ステアリングも重くないです。ダウンフォースも本当に高くて、コーナリング中にそれを感じ取ることができました」

「タイヤマネージメントも比較的楽です。F2やGP2マシンをドライブするのなら、タイヤをマネージメントしなければならないので」

「スーパーフォーミュラで良い仕事ができれば、(ヨーロッパに)戻ってくることができると考えています。ですが僕はチャンピオンにならなければいけないですし、それができなければチャンスはないと思っています」

 一方F1では、マクラーレンとホンダとの契約が解消され、ホンダは2018年からトロロッソにパワーユニットを供給する。

 松下はマクラーレンでテスト&開発ドライバーを務め、主にシミュレーター作業を行っていた。彼はホンダのF1プログラムに留まることについても楽観的に捉えている。

「来年もこの仕事をするチャンスはまだあります」

「開発ドライバーや何か他の役目を担う可能性もあると思います」

「ですが僕はF1をドライブしたいです。それゆえ僕はプッシュします。来年良い仕事ができれば、まだチャンスはあります」

 今年7月、ザウバーはホンダとのパワーユニット供給契約を白紙に戻したが、その後ハンガロリンクで行われたインシーズンテストでは松下を起用しており、このテストで彼はテストデビューを果たしていた。

 なおホンダの育成ドライバーであり、今シーズンはGP3に出場していた福住仁嶺は、来年はF2にステップアップしアーデンからシリーズに参戦すると共に、スーパーフォーミュラにも出走するという噂がある。また今年ヨーロッパF3選手権に参戦した牧野任祐も、F2に参戦するものと見られている。

Story by Josh Suttill, additional reporting by Erwin Jaeggi and Oleg Karpov

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー 松下 信治
チーム Dandelion Racing
記事タイプ 速報ニュース