燃料トラブルで無念のアタック中断。塚越「なんとか頑張って上位に」

第6戦SUGOの予選Q2でアタックできず、予選14番手となった塚越広大(REAL RACING)は、燃料系にトラブルがあったという。

 スーパーフォーミュラ第6戦SUGOの予選Q1を通過し、Q2に駒を進めた塚越広大(REAL RACING)。ゆっくりとタイヤを暖め、アタックに入ったかに見えたが、ラップを完了することなくそのままピットに入ってしまった。

 予選後、塚越はマシンにトラブルが発生したためにピットに入らざるを得なかったと語った。

「ちょっとまだ原因はわからないんですけど、燃料系のトラブルでセクター2の途中ぐらいからパワーがなくなってしまいました」と悔しげにコメント。

「それでアタックを途中でやめて、戻ってきました」

 第4戦もてぎ、第5戦オートポリスと後方グリッドから素晴らしい追い上げを見せてきた塚越。しかし、今回はその最大の武器だった”ソフトタイヤ”は使えない。テクニカルコースのスポーツランドSUGOはオーバーテイクポイントが少ないが、それでも塚越は決勝に向けて追い上げを誓った。

「今回はタイヤもスペックが一緒なので、オーバーテイクは難しいと思うんですけど、上位に残れるようになんとか頑張りたいです」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第6戦SUGO
サーキット スポーツランドSUGO
記事タイプ 速報ニュース