石浦宏明「運が悪かったなと思うと、悔しい」:SF第5戦レース2ドライバーコメント

スーパーフォーミュラ第5戦岡山レース2で3位になった、石浦宏明のコメント

石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)

「今朝からマシンには速さがありました。今回は国本選手のセットアップを参考にさせてもらい、なんとか今日に間に合わせることができて、決勝ペースもすごく速かったです。残念だったのは作戦がうまく機能しなかったり、セーフティカーが出てしまったり、その後野尻選手にセーフティカーラインを超えて抜かれてしまって、ペナルティが出るまでの間、ずっと抑えられてしまった。運が悪かったなと思うと、悔しいです。でもチームとしては、去年から横で国本が悩んでいたのも知っていたし、チームでミーティングをしてどうやって2台で速く走るかを課題としてやっってきたので、今回(彼が)優勝できたし、自分がセットアップを参考にさせてもらうこともできたので、今の状況をすごく嬉しく思います」

「(野尻には)相当抑えられていました。自分は結構速そうだったのに後ろも離れていくという感じはスタートしてすぐわかった。オーバーテイクボタンはあと3つしかなかったけど、ここで抜かないとダメだと思って使ったが、燃料も重いしタイヤも一緒だから抜くのも難しかった。10周目くらいに無線で『国本の方が速い』と言われたから(野尻を)抜こうとしたけど難しかった。ただずっと前と近距離で走ってるとタイヤが痛むので、一旦離れて、野尻選手が(ピットに)入った後にプッシュできるように準備してました」

「(各車がピットインを終えた時点で)国本に届かないという感じはあったが、自分の方がペースが良い時もあったので、もう少し引っ張って2番手になれたらいいな、という感じで引っ張れるだけ引っ張った。タイムがあまり落ちなかったので、プッシュすればチャンスがあるなという感じだったが、ナレイン選手を見た瞬間にエンジンは止まっているだろうと思ったので、全力でプッシュしてたら無線で『この周入るしかない』と言われて入りました」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 第5戦岡山国際サーキット
サブイベント 日曜日 レース2決勝
サーキット 岡山国際サーキット
ドライバー 石浦 宏明
記事タイプ 速報ニュース