連続Wタイトル獲得、立川祐路監督「毎年レベルアップの努力してきた」

2年連続ダブルタイトルを獲得したP.MU/CERUMO・INGINGの立川祐路監督は、少しでもレベルアップしようというチームの姿勢が結果につながったと語った。

 2017年のスーパーフォーミュラ最終戦は悪天候により決勝レースが中止に。その結果、石浦宏明がチャンピオンとなり、P.MU/CERUMO・INGINGがチームタイトルを獲得。2年連続でドライバーとチームのダブルタイトルを手にした。

 指揮をとる立川祐路監督は、石浦と昨年王者でチームメイトの国本雄資、さらにチーム全員の頑張りがあったからこその結果だと語った。

「結果的にチームとしては嬉しいですが、できれば決勝レースをしてきっちり結果を出すというのが最高の形でした。ここまでの積み重ねが石浦のタイトルとチームのタイトルにつながっているので、チームスタッフひとりひとりと、またタイトルをとった石浦だけじゃなくて、国本の力があってのチームチャンピオンなので、本当にチーム全員に感謝しています」

 2年連続ダブルタイトルということで、すっかりトップチームという印象がついたP.MU/CERUMO・INGINGだが、立川監督はここまで決して楽な戦いではなく、特にピエール・ガスリー(TEAM MUGEN)、フェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TEAM LEMANS)の活躍が目覚ましい中で、チャンピオンを獲得しに行くのは大変なことだったという。

「ドライバーズタイトルを3回、チームタイトルを2回獲っているんですけど、結果ほど楽な戦いをしている訳じゃなく、ヨコハマタイヤに昨年から変わって、今年もスペックが変わって苦労している部分もあるんですけど、その中で皆が頑張って仕事している結果がついてきています」

「ただガスリー選手やローゼンクヴィスト選手も非常に速かったです。僕もスーパーGTでドライバーをやっていて、その(ドライバー)目線でみても、こうして1年目で初めてのサーキットで金曜日に少し走って、これだけの成績を残してくるというのは凄いことだし、そういう選手たちが海外から参戦してくる中で、タイトルを獲るというのは非常に大変なこと。それを可能にしてくれているのはチームのスタッフ、メカニック、エンジニア。本当に皆が一つの方向に向かって勝とうと頑張ってくれているので、その結果が付いてきてくれました」

 また昨年よりもレベルアップをしようというチームの貪欲な姿勢が今年の結果に繋がり、それが新型車両が導入される2019年以降もきっと活きていくだろうと語った。

「ずっとやってきたことは一緒です。少しずつでもいいから、前の年よりもレベルアップをする。昨年チャンピオンを獲ったからといって、それに甘んじることなく、今年にかけてさらにチームとしてレベルを上げていこうという積み重ねでここまで来ているので、来年・再来年、その先に向けてのチームとして前進していくだけです」

「今後、クルマが変わろうが上手くやっていけると思いますけど、ライバルチームや選手も手強いので気を緩めずにやっていきたいです」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント名 最終戦・第16回JAF鈴鹿グランプリ
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース