12月開催のSFルーキーテストにFIA-F2参戦のラルフ・ボシュングが参加

12月6・7日に鈴鹿で行われるスーパーフォーミュラの合同・ルーキーテストに、今季FIA-F2に参戦したラルフ・ボシュングが参戦することが発表された。

 12月6・7日に鈴鹿サーキットで行われる全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同・ルーキーテストに今季FIA-F2に参戦したラルフ・ボシュングが参加することが明らかとなった。

 スイス出身で20歳のボシュングは今シーズン、カンポス・レーシングからFIA-F2選手権に参戦。アゼルバイジャン・バクーのレース1で8位に入るなど、シリーズランキングは19位となった。

 そんなボシュングだが、先月鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ最終戦に見学のためパドックを訪れており、日本のトップフォーミュラに強い興味を示しており、その時も「一度は乗ってみたい」とコメントしていたが、それが早々に実現する形となった。なお、参加チームはSUNOCO TEAM LEMANSということも発表されている。

 スーパーフォーミュラの公式サイトでボシュングは「まずは、このような機会を与えてくれましたチーム、スポンサー、その他多くの関係者様に心から感謝しています。日本最高峰のレースであるスーパーフォーミュラをテスト走行できる事に大きな喜びと世界的にチャレンジングなサーキットでもある鈴鹿サーキットを走れる事が今からとても楽しみです。参加するセッションでは経験あるチームの方々から多くを学び、今後のレースキャリアに活かせたらと思っています。皆様にお会いできることを楽しみにしています」とコメントしている。

 その他、詳しいエントリーリストは後日発表予定となっているが、今年もボシュング以外に海外の有力ドライバーがテストに参加するのではないかと言われており、その中には先日のマカオF3で2位に入ったランド・ノリスをはじめ、インディカー参戦ドライバーの名前も挙がっている。

 昨年のストフェル・バンドーン、今年のピエール・ガスリーの活躍により、これまで以上に海外から注目が集まっているスーパーフォーミュラ。来月のテストは現地へ観に行く価値が十分にあるほど、豪華なメンバーが揃いそうだ。

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ , FIA F2
記事タイプ 速報ニュース