2019年F1復帰目指すウェーレイン、スーパーフォーミュラ参戦も検討か

F1シートを失い、DTMに復帰したウェーレインは、2019年のF1復帰を目指しており、スーパーフォーミュラへの参戦も検討しているようだ。

 パスカル・ウェーレインは2019年のF1復帰を諦めておらず、2018年はDTMに加えて他のカテゴリーにも参戦を検討しており、その中にスーパーフォーミュラが含まれていることを認めた。

 ザウバーがフェラーリとの距離を縮め、フェラーリ育成ドライバーであり2017年のF2チャンピオンであるシャルル・ルクレールのF1昇格が決まったことでF1シートを失ったウェーレイン。今週水曜日、2015年にチャンピオンに輝いたDTMに復帰することがメルセデスより発表された。

 しかしウェーレインはF1復帰をまだ諦めていないと語り、DTM以外にもひとつかふたつ、他のプログラムに参加することを検討していると明かした。

 2018年のスーパーフォーミュラ参戦も選択肢のひとつかと問われると、彼は「そうだ。そのチャンスはまだ残っている」と答えた。

「僕は(DTMの他に)プログラムを追加することができる」

 ウェーレインは2015年にDTMの最年少チャンピオンに輝き、2016年にマノーからF1デビューを果たした。

 DTMで戦うこの1年が、F1復帰の可能性を高めることにつながるかと訊かれると「そう思う。もし最初から強さを発揮できれば、より良いポジションに身を置くことができる」

「しかし、それについてはあまり考えていない。僕はただ今年ベストを尽くしたい。そして来年、良いポジションにいることを願っている」

 ウェーレインはDTM復帰は常に選択肢のひとつだったと述べ、最終的には先月合意に達したという。しかし今年レースをせずに休養する可能性も、彼の心の中をよぎったと認めた。

「僕は決して(DTMの)チームとの接触を失ったことはなく、実際にいくつかのレースを観に行った」

「2015年にチャンピオンを獲得したHWAのチームやメカニック、そしてメルセデスDTMのボスであるウルリッヒ・フリッツとも会いに行った」

「だから、DTMへの復帰はいつも選択肢にあった。そしてそれから、今年は僕がレースをしない年になるかもしれないとも思った。僕はまだ23歳で、そんなことは想像もできなかった」

「僕がやりたいことが何かを認識するまで、少し時間がかかったんだ」

 ちなみに、今季のスーパーフォーミュラの参戦ラインアップは、ホンダ勢がB-Max Racing以外を発表済み。トヨタ陣営も近日中にラインアップを発表するとみられている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーフォーミュラ , DTM , F1
ドライバー パスカル ウェーレイン
記事タイプ 速報ニュース