山本尚貴がダンディライアンへ移籍、ホンダが2019SF体制を発表

シェア
コメント
山本尚貴がダンディライアンへ移籍、ホンダが2019SF体制を発表
執筆: 吉田知弘
2019/01/11 8:09

ホンダが2019年のスーパーフォーミュラで同社のエンジンを使用するチームの体制を行なった。

 ホンダは2019年のスーパーフォーミュラで、同社のエンジンを使用して参戦するチームの体制を発表。昨年チャンピオンを獲得した山本尚貴をはじめ、ほぼ全員が移籍をするという大シャッフルの布陣を明らかにした。

 2019年も5チームにエンジンを供給するホンダ。このうちB-MAXはモトパークと組んで2台体制に変更となるため、2019シーズンは9台のマシンがホンダエンジンを搭載して戦うことになる。

 各チームの体制をみると、当初のウワサ通り昨年とは大きく異なるラインアップになっているのが印象的だ。

 2018年に自身2度目となるシリーズチャンピオンを獲得した山本尚貴はチームメイトの福住仁嶺とともにTEAM MUGENを離れ、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGに移籍した。逆に野尻智紀がTEAM MUGENに加入。すでにレッドブル・ジュニアチームから発表されている通りダニエル・ティクトゥムが15号車をドライブすることになる。

 NAKAJIMA RACINGも昨年12月のルーキーテストと同じ体制で、64号車にアレックス・パロウ、65号車に牧野任祐が加入。ふたりともスーパーフォーミュラ1年目のシーズンを迎える。

 B-MAX Racing teamはルーカス・アウアーとハリソン・ニューエイの2台体制だ。REAL RACINGは、昨年と変わらず1台体制でエントリー。こちらもルーキーテストに登場したトリスタン・シャルパンティエがステアリングを握る。

2019 スーパーフォーミュラ ホンダエンジン搭載チームラインアップ

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
#1 山本尚貴
#5 福住仁嶺

TEAM MUGEN
#15 ダニエル・ティクトゥム
#16 野尻智紀

REAL RACING
#17 トリスタン・シャルパンティエ

B-MAX Racing team
#50 ルーカス・アウアー
#TBA ハリソン・ニューエイ

NAKAJIMA RACING
#64 アレックス・パロウ
#65 牧野任祐

次の記事
モースポフェスで新車SF19が揃い踏み! SFオープニングラップ開催

前の記事

モースポフェスで新車SF19が揃い踏み! SFオープニングラップ開催

次の記事

さらに飛躍するきっかけに……2018年王者山本尚貴、ダンディライアン移籍の理由を語る

さらに飛躍するきっかけに……2018年王者山本尚貴、ダンディライアン移籍の理由を語る
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
執筆者 吉田知弘