スーパーフォーミュラ

オワード、SFデビュー戦は14位「大変だったけど、良い経験になった」

シェア
コメント
オワード、SFデビュー戦は14位「大変だったけど、良い経験になった」
執筆:
2019/07/15 11:26

2019スーパーフォーミュラ第4戦富士。パトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)は難しいコンディションの中、14位完走を果たした。

 富士スピードウェイで行われた2019スーパーフォーミュラ第4戦富士。今回から参戦を開始したパトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)は初めてのレースを14位で終えた。ポイント獲得とはならなかったが、ぶっつけ本番の中で得るものは大きかったとレースを振り返った。

 ダニエル・ティクトゥムに代わって第4戦富士からTEAM MUGENの15号車をドライブすることになったオワード。金曜日の専有走行では20番手と苦戦気味だったが、土曜朝のフリー走行ではホンダ/M-TECエンジン搭載チームでトップとなる8番手タイムをマークし、注目を集めた。

 しかし、ウエットコンディションとなった予選Q1では最初のピットアウトラップでスピン。タイムアタックをすることなくセッションを終えることとなってしまった。

 限られた走行時間の中でも、熱心に情報を集めて勉強を続けたオワード。さらに雨量が増した決勝レースではスピンやコースオフを喫するマシンが続出する中、着々と周回を重ねていき、オーバーテイクシーンも披露した。

 最終的にポジションを6つ上げ、14位でフィニッシュ。ポイント獲得とはならなかったが、レースを終えたオワードは“完走”という最低限の目標は果たせたと語った。

「とても難しいコンディションだった。特にウォータースクリーンで前が何も見えなくて最初から最後まで大変だった」

「だけど、僕のレースでの目標はゴールまで確実にクルマをコース上に留めることだったから、そこに集中した。スタートポジションから順位を上げていくことができて、数台のマシンを抜くこともできた」

「今週末は自分にとって初めてのマシン、コースだったし、ドライもウエットも両方経験できた」

「ぶっつけ本番のレースの中で、まず自分に出来ることといえば、確実にゴールすることだった。それができたのは良かった。次回のレースも楽しみになってきた」

 またドライコンディションに関しても、ミディアムタイヤの扱いにはまだ課題が残っているようだが、少ない走行時間の中で進歩を遂げることができたというオワード。すでに第5戦ツインリンクもてぎに向けての準備も着々と進めていると語った。

「最初の走り出しは悪い状態だったけど、特にドライコンディションではペースを上げていくことができて、土曜日朝のフリー走行でホンダ勢の中でトップタイムを記録することができた」

「これから、解決しなければいけない課題はたくさんあるが、その中でもドライとウエット両方でのタイヤの扱い方について、さらに細かく知る必要があると思っている。もてぎに向けての準備はすでに始まっている」

「もてぎに関しては、オンボード映像でコースを軽くチェックしただけだ。できればシミュレーターで練習したいと思っているし、もてぎに向けた準備も可能な限り行なっていきたい」

次の記事
中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福

前の記事

中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福

次の記事

石浦宏明「最後タイヤがブローしてしまった。悔しさが残る」|スーパーフォーミュラ第4戦富士|P.MU/CERUMO・INGINGプレスリリース

石浦宏明「最後タイヤがブローしてしまった。悔しさが残る」|スーパーフォーミュラ第4戦富士|P.MU/CERUMO・INGINGプレスリリース
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第4戦:富士
ドライバー パトリシオ オワード
執筆者 Tomohiro Yoshita