スーパーフォーミュラ

SF最終戦鈴鹿|土曜日フリー走行の時間を延長、金曜日の悪天候を踏まえ

シェア
コメント
SF最終戦鈴鹿|土曜日フリー走行の時間を延長、金曜日の悪天候を踏まえ
執筆:
2019/10/25 10:10

2019スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿だが、悪天候で満足に走行できなかった金曜専有走行の状況を鑑み、急きょ土曜日のフリー走行時間が延長され、9時00分からスタートすることなった。

 鈴鹿サーキットで行われる2019全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦。予選前のフリー走行が当初の1時間から1時間20分に延長されることになり、予定よりも早い9時00分からスタートすることが発表された。

 通常のレースウィークでは金曜日に1時間の専有走行を行っているが、今回は朝から大雨に見舞われ、併催されいるWTCRでもコースオフやクラッシュが続出。全体を通してスケジュールがディレイする場面が多く見られた。

 そんな中で行われた専有走行だが、開始15分を迎えたところで雨脚が強くなり、各コーナーで大きな川ができる状況となった。さすがに各チームとも走行を控え、天候の様子を見守る場面がしばらく続いた。その結果、ほどんとの車両が満足に周回することができずセッションを終えることとなった。

 こういった状況を踏まえ、土曜日朝のフリー走行スケジュールを変更。当初の9時20分~10時20分から20分延長し、9時00分~10時20分というスケジュールで行われることが発表された。

 なお、その後のスケジュールに関しては予定通りとなっている。

Read Also:

次の記事
SF最終戦鈴鹿|ランキング上位3人が登場、タイトルに向けた意気込み語る

前の記事

SF最終戦鈴鹿|ランキング上位3人が登場、タイトルに向けた意気込み語る

次の記事

8ポイント差で逆転王座を狙う山下健太「タイトルは意識せず勝つことに集中する」

8ポイント差で逆転王座を狙う山下健太「タイトルは意識せず勝つことに集中する」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
執筆者 吉田知弘