スーパーフォーミュラ

SF最終戦鈴鹿|予選Q1の組分けリストが発表、今回はランキング順

シェア
コメント
SF最終戦鈴鹿|予選Q1の組分けリストが発表、今回はランキング順
執筆:
2019/10/23 10:20

2019スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿の予選Q1組分けリストが発表。今回はドライバーズランキングをもとに振り分けられた。

 鈴鹿サーキットで行われる2019全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦の予選Q1の組分けリストが発表された。

 今シーズンのスーパーフォーミュラではコース上の混雑緩和のために予選Q1で組分け制度が導入されてきたが、これまでは抽選で組分けのラインアップが決められてきた。しかし、今回は最終戦の特別規則第25条 1)に従い、前大会終了時点のドライバーズランキングに基づいて組分けが実施され「大会公式通知No.2」で、そのリストの詳細が明らかとなった。

 基本的にはランキングの順位が奇数のドライバーがA組、偶数のドライバーがB組になるように振り分けられている。チャンピオン争いをしているメンバーで見ると、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING/ランキング1位)、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING/ランキング3位)、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG/ランキング5位)がA組。対してニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S/ランキング2位)、山下健太(KONDO RACING/ランキング

4位)がB組という振り分けになっている。

 ただ現在のランキング順で振り分けていくと、いくつかの2台体制のチームは同じ組で同時に出走することになるが、そこランキングの近いドライバーを入れ替えるなどして、同じチームの車両が全て別々の組になるように調整された。また今回デビューするユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)はB組の9台目にリストされている。これは前戦まで参戦していたパトリシオ・オワードの順位を引き継ぐ形で組分けが実施されたようだ。

 詳細な組分けリストは以下の通りである。

【予選Q1 A組】
山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)
小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
野尻智紀(TEAM MUGEN)
石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
ハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)
国本雄資(KONDO RACING)
中山雄一(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)

【予選Q2 B組】
ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)
山下健太(KONDO RACING)
ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)
坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
ユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)
塚越広大(REAL RACING)

次の記事
次はSF連覇へ……F1を経験しても“まだ終わらない”山本尚貴の挑戦

前の記事

次はSF連覇へ……F1を経験しても“まだ終わらない”山本尚貴の挑戦

次の記事

レッドブル・ジュニアからの新しい“刺客”ヴィップスが鈴鹿入り「明日の初走行が楽しみ!」

レッドブル・ジュニアからの新しい“刺客”ヴィップスが鈴鹿入り「明日の初走行が楽しみ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:鈴鹿
執筆者 吉田知弘