スーパーフォーミュラ

SF鈴鹿テスト1日目午後:ヴィップスの勢い止まらず! 初日の一番時計を記録

シェア
コメント
SF鈴鹿テスト1日目午後:ヴィップスの勢い止まらず! 初日の一番時計を記録
執筆:
2019/12/04 9:51

2019スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。1日目午後のセッションはユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)がトップタイムを叩き出した。

 鈴鹿サーキットで行なわれている2019スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。1日目午後のセッションは赤旗が4度出される波乱の展開となったが、ルーキーのユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)が速さをみせ、トップタイムをマークした。

 14時00分から始まった午後のセッションでは、ドライバー変更した車両がいくつかあった。TCS NAKAJIMA RACINGは大津弘樹に代わって大湯都史樹が乗車。carrozzeria Team KCMGも午前中は小林可夢偉が走行を担当していたが、午後は国本雄資がマシンに乗り込んだ。なお、この2台は翌日のテスト2日目も午前と午後で担当ドライバーを入れ替えてテストをするようだ。

 セッション開始と同時に各車が続々とコースインしていき、午前に引き続きテストメニューをこなしていたが、開始9分のところでユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)がデグナー2つ目でクラッシュ。赤旗が出された。幸いヴィップス自身に怪我はなく、マシンもフロントウイングを損傷した程度で、セッション中盤には復活を果たしていた。

 14時22分にセッションが再開されると、午前中と同様にホンダ/M-TECエンジン勢がトップタイムを次々と塗り替えた。開始30分を過ぎたところで山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分37秒336を記録すると、ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)が1分37秒103をマークしトップに躍り出た。しかし、午後のセッションではトヨタ/TRDエンジン勢も速さをみせ、開始1時間を迎えるところでは平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分37秒644で3番手、石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が1分37秒836で4番手につけた。

 開始1時間10分を経過したところで片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がスプーンカーブふたつ目でスピン。コース上で立ち往生してしまい赤旗が出された。片山のマシンはエンジンがかかったままだったため、自走でピットへ戻り、すぐにセッションが再開された。

 セッションが終盤になるにつれて、各車ともタイムを更新し始めたが、ここで速さをみせたのがクラッシュから復帰したヴィップス。新品のソフトタイヤで1分36秒215をマークし、トップに躍り出た。そこから各車が新品のソフトタイヤでアタックを始めようという時に片山がヘアピンでスピン。これにより3度目の赤旗が出された。

 セッション終了間際の時間での赤旗中断だったが、チェッカー時間が延長され残り7分のところから再開となった。ここで新品のソフトタイヤを履き、各車がタイムアタックのシミュレーションを行なったが、今度は松下信治(ThreeBond DragoCORSE)がデグナーカーブでクラッシュを喫し、再び赤旗。そのままセッション終了となった。

 トップはヴィップスで午前に引き続きライバルを上回る速さを披露。2番手に福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3番手に塚越広大(REAL RACING)がつけた。トヨタ/TRDエンジン勢ではサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)の5番手が最上位となった。

【SF鈴鹿合同・ルーキーテスト 1日目午後:結果】

1.ユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)1分36秒215
2.福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1分36秒506
3.塚越広大(REAL RACING)1分36秒792
4.野尻智紀(TEAM MUGEN)1分36秒954
5.サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)1分37秒040
6.山下健太(KONDO RACING)1分37秒097
7.ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)1分37秒103
8.シャルル・ミレッシ(B-Max Racing with motopark)1分37秒206
9.山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1分37秒336
10.牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)1分37秒474
11.大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)1分37秒500
12.平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1分37秒644
13.石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)1分37秒836
14.坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)1分37秒864
15.ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)1分37秒983
16.国本雄資(carrozzeria Team KCMG)1分38秒011
17.松下信治(ThreeBond Drago CORSE)1分38秒287
18.宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)1分38秒399
19.関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1分38秒795
20.片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)1分41秒193

 

次の記事
SF鈴鹿テスト1日目午前|山本尚貴が最速、ルーキーのヴィップスがいきなり2番手

前の記事

SF鈴鹿テスト1日目午前|山本尚貴が最速、ルーキーのヴィップスがいきなり2番手

次の記事

ヴィップス、初日トップタイムにも満足せず「まだ改善できることはあると思っている」

ヴィップス、初日トップタイムにも満足せず「まだ改善できることはあると思っている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 合同・ルーキーテスト
サブイベント 1日目
執筆者 吉田知弘