スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
67 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
81 days
R
第3戦:オートポリス
16 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
109 days
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
144 days
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
214 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
242 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
291 days

SF鈴鹿テスト2日目午後|雨に見舞われ不完全燃焼のまま終了、牧野任祐がトップ

シェア
コメント
SF鈴鹿テスト2日目午後|雨に見舞われ不完全燃焼のまま終了、牧野任祐がトップ
執筆:
2019/12/05 9:50

2019スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。2日目午後のセッションは雨に見舞われてしまった。

 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。最終セッションは牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録。セッション後半はウエットコンディションとなり、満足な走行ができず不完全燃焼でテストを終えることとなった。

 午前中に長時間にわたる走行中断があったことも考慮し、午後のセッションは終了時間が20分延長され、13時20分から15時40分のスケジュールで行なわれた。

 セッション開始時はドライコンディションだったものの、西コース方面から黒い雲が接近。雨が心配された。天候変化の心配もあってか、早めにタイムを上げるマシンが多く、その中で速さを見せたのが牧野。1分36秒482を記録しトップに浮上した。

 開始15分のところで野尻智紀(TEAM MUGEN)がピット出口付近でコースオフを喫し、ランオフエリアにストップ。これにより赤旗が出された。ガードレールにヒットしたようでフロントウイングを破損していたが、マシンに大きなダメージはなく、14時43分にセッションが再開された。

 しかし、開始から40分が経とうというところで雨が降り出し各車一斉にピットイン。ウエットタイヤを装着するには雨量が少なすぎる微妙なコンディションとなり、セッションは進行しているものの全車がピットで待機する時間が続き、約30分に渡って誰もコースインしない状態となった。

 そんな中で動き出したのが、このセッションのみThreeBond DragoCORSEから参加したシャルル・ミレッシ。開始早々にクラッチトラブルを抱え、その対応をしていたがマシンの動作確認も兼ねてウエットタイヤでコースインした。さらにサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)もウエットタイヤを履いてピットを後にした。こちらはピットストップの練習を行なうのが目的で、数周にわたって本番同様の手順でピットインとピットアウトの練習を繰り返していた。

 セッションも残り1時間を切ると数台のマシンがコースイン。ウエットタイヤで周回を重ねたが、残り40分を切ったところで野尻智紀(TEAM MUGEN)がヘアピンを立ち上がったところでトラブルによりストップ。マシン回収のため赤旗が出され、およそ10分ほどセッションが中断された。再開後は数台が再びコースインしたものの、今度はフェネストラズが130Rでスピンを喫し3度目の赤旗となった。

 天候も芳しくなかったこともあり、約15分を残してセッションは終了となった。トップタイムはドライコンディションの間にタイムを記録した牧野。2番手には宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)、3番手には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がつけた。

Read Also:

【SF鈴鹿合同・ルーキーテスト 2日目午後:結果】

1. 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)/1'36.482
2. 宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)/1'36.647
3. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1'36.903
4. 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1'36.905
5. ユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)/1'37.130
6. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1'37.247
7. サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)/1'37.843
8. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1'37.849
9. 野尻智紀(TEAM MUGEN)/1'37.926
10. 大津弘樹(TCS NAKAJIMA RACING)/1'38.141
11. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1'38.211
12. 山下健太(KONDO RACING)/1'39.274
13. ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)/1'39.434
14. 石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)/1'39.488
15. 坪井翔(P.MU / CERUMO・INGING)/1'39.512
16. 塚越広大(REAL RACING)/1'39.895
17. 片山義章(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1'40.673
18. シャルル・ミレッシ(ThreeBond Drago CORSE)/1'52.223

次の記事
SF鈴鹿テスト2日目午前|赤旗4回の波乱の中、福住がトップ。上位は1分35秒台前半

前の記事

SF鈴鹿テスト2日目午前|赤旗4回の波乱の中、福住がトップ。上位は1分35秒台前半

次の記事

SF鈴鹿テスト2日目トップの福住、SF19の凄さを改めて実感「いいトレーニングになった」

SF鈴鹿テスト2日目トップの福住、SF19の凄さを改めて実感「いいトレーニングになった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 合同・ルーキーテスト
執筆者 吉田知弘