スーパーフォーミュラ

山本尚貴が好調維持、ウエット路面のセッション1でトップタイムを記録

シェア
コメント
山本尚貴が好調維持、ウエット路面のセッション1でトップタイムを記録
執筆:
2019/03/04 3:27

2019年のスーパーフォーミュラ第1回公式合同テストがスタート。1日目のセッション1は山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録した。

 鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1回公式合同テストがスタート。ウエットコンディションとなった1日目午前のセッションは、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークした。

 前日から降り続いた雨の影響で、朝からウエットコンディションとなった鈴鹿サーキット。さらに午後にかけて雨が続くという予報も出ており、天候等の状況も含め総合的に判断した結果、セッション1が10時15分から11時30分までに変更。短縮された45分を天気の回復が見込まれる2日目に振り分けることになった。

 それでもSF19でのウエット走行経験が各チームともに少ないということもあり、グリーンシグナル点灯と同時に、続々とコースイン。積極的に走り込みを行い、SF19でのウエットタイヤに関する情報を収集していた。

 セッション前半で速さをみせたのが、今季VANTELIN TEAM TOM’Sのニック・キャシディ。「ウエット路面でのSF19の状況も学ばなければいけない」と走行前から意欲を見せており、開始30分を経過したところで1分52秒771をマークしトップに浮上した。

 開始から40分を過ぎたころには、路面の水の量も減り始めラップタイムも向上。すると、ここで速さをみせたのがアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)。残り30分で1分48秒775を記録しトップに浮上するが、残り20分を切ったところでハリソン・ニューエイ(B-Max Racing with motopark)が1分48秒103でトップタイムを更新した。ふたりともルーキーではあるが、モースポフェスでのフリー走行から速さを見せていただけに、今後注目が集まりそうな存在だ。

 残り10分を切ると、さらにコンディションがよくなったのか各車とも一気にタイムを上げ、順位もめまぐるしく入れ替わっていった。

 残り7分のところでキャシディが1分46秒456でトップに浮上したが、それを上回ったのが前年王者の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。1分45秒547を記録し、ライバル以上を1秒近く引き離した。

 ここでチェッカーフラッグとなり、午前のセッションが終了。山本がトップでSF19最初の公式テストセッションを終えた。2番手にはキャシディ、3番手には中嶋一貴がつけVANTELIN TEAM TOM’S勢が上位に付けた。

 また4番手にはダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)、8番手にはニューエイがつけ、ルーキードライバーたちも上位に食い込む速さをみせた。

 

スーパーフォーミュラ第1回公式テスト|セッション1結果

1.山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1’45”547

2.ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)1’46”456

3.中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1’46”630

4.ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)1’46”716

5.山下健太(KONDO RACING)1’46”909

6.小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)1’47”022

7.野尻智紀(TEAM MUGEN)1’47”035

8.ハリソン・ニューエイ(B-Max Racing with motopark)1’48”103

9.大嶋和也(TEAM LEMANS)1’48”299

10.アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)1’48”775

11.福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1’48”792

12.平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1’48”964

13.国本雄資(KONDO RACING)1’49”122

14.坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)1’49”182

15.ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)1’49”305

16.石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)1’49”436

17.トリスタン・シャルパンティエ(REAL RACING)1’49”486

18.関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1’49”715

19.牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)1’49”952

20.アーテム・マルケロフ(TEAM LEMANS)1’51”357

次の記事
スーパーフォーミュラはベストな選択……マルケロフ、”初走行”を語る。

前の記事

スーパーフォーミュラはベストな選択……マルケロフ、”初走行”を語る。

次の記事

スーパーフォーミュラ合同テスト初日午後タイム結果

スーパーフォーミュラ合同テスト初日午後タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 鈴鹿公式合同テスト
サブイベント 月曜日
執筆者 Tomohiro Yoshita