スーパーフォーミュラ

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー

Twitterにて募集した、2020年のベストルーキーの結果を一挙に紹介!

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー

 コロナ禍に見舞われた2020年は、多くのモータースポーツイベントがイレギュラーな事象への対応を迫られるというかつてないほどのドタバタなシーズンとなった。そんなシーズンに翻弄されてしまった若手ドライバーも多くいたが、一方でそれをチャンスに変えた若手ドライバーもいる。

 motorsport.comはTwitterのハッシュタグ『#MSCjp』『#みんなで振り返ろう2020年のモタスポ』で読者が考える“ベストルーキー”を募集した。今回はその結果をランキング形式で振り返る。

読者が選ぶ2020ベストルーキー:角田裕毅(FIA F2)

Yuki Tsunoda, Carlin, 1st position, on the podium

Yuki Tsunoda, Carlin, 1st position, on the podium

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 今回の投票で圧倒的な支持を得たのは、FIA F2で大活躍した角田裕毅。F2は下位カテゴリーで実績を残してきた実力者がF1への切符を懸けて戦うハイレベルなカテゴリーだが、その中で角田は4度のポールポジションと3度の優勝を記録し、ルーキー最上位となるランキング3位を獲得した。角田はF2のルーキー・オブ・ザ・イヤーにあたるアントワーヌ・ユベール賞、そしてピレリのF2ドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞しただけでなく、FIAが選ぶルーキー・オブ・ザ・イヤーにも各カテゴリーの猛者たちを差し置いて受賞するなど、世界から高く評価された。

 角田は2021年にアルファタウリからF1デビューを果たすが、そのルーキーイヤーでの活躍にも期待がかかる。

Read Also:

ベストルーキー次点:大湯都史樹(スーパーフォーミュラ/スーパーGT)

大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

Photo by: Masahide Kamio

 次点となったのは、角田とはSRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ)の同期生でもある大湯だ。

 2016年にSRS-Fを首席卒業した大湯は、FIA F4、全日本F3(現スーパーフォーミュラ・ライツ)を経て2020年にスーパーフォーミュラへステップアップ。シーズン序盤から速さこそ見せていたものの、予選中にクラッシュを喫したり、決勝スタート直後にチームメイトをリタイアに追い込んでしまうなど、エラーの方が目立ってしまっていた。

 しかし、シーズン終盤はその速さが結果に繋がりはじめる。第6戦鈴鹿で涙の初優勝を飾ると、最終戦富士でも2位表彰台を獲得。ランキング6位でシーズンを終えルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

Read Also:

ベストルーキー3位タイ:テオ・プルシェール(FIA F3)

Theo Pourchaire, ART Grand Prix, 3rd position, on the podium

Theo Pourchaire, ART Grand Prix, 3rd position, on the podium

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 世界中から有望な若手ドライバーが集まるFIA F3で印象的な活躍を見せたのがフランス人ドライバーのプルシェールだ。プルシェールは2019年にドイツのADAC F4でチャンピオンを獲得すると、弱冠16歳にしてFIA F3にステップアップ。シーズン終盤は6レース中5回表彰台を獲得する抜群の安定感で、最終ラウンドの最終レースまでチャンピオンを争ったが、オスカー・ピアストリにわずか3ポイント届かず惜しくもランキング2位となった。

 2003年生まれでまだ17歳のプルシェールだが、2021年はFIA F2へのステップアップが確実視されている。

ベストルーキー3位タイ:平良響(FIA F4)

平良響 Hibiki Taira(TGR-DC RS トムススピリットF4)

平良響 Hibiki Taira(TGR-DC RS トムススピリットF4)

Photo by: TOYOTA GAZOO Racing

 プルシェールと並ぶ3位となったのは、日本のFIA F4を圧倒的な強さで制した平良響だ。沖縄県出身の平良は2019年にFTRS(フォーミュラ・トヨタ・レーシング・スクール)のスカラシップを獲得し、2020年はTGR-DC RS トムススピリットF4からFIA F4に参戦。破竹の10連勝を記録するなど、まさに無敵の強さでチャンピオンに輝いた。12月にはスーパーフォーミュラ・ライツの合同テストにも参加し、カローラ中京 Kuo TEAM TOM'Sのマシンをドライブした。

ベストルーキー5位タイ:セルジオ・セッテ・カマラ(スーパーフォーミュラ/フォーミュラE)

セルジオ・セッテ・カマラ Sérgio Sette Câmara(Buzz Racing with B-Max)

セルジオ・セッテ・カマラ Sérgio Sette Câmara(Buzz Racing with B-Max)

Photo by: Masahide Kamio

 2020年は戦いの舞台を日本に移しスーパーフォーミュラにフル参戦する予定だったセルジオ・セッテ・カマラは、コロナ禍の影響でなかなか来日が叶わず、最終的に1レースしか出場することができなかったが、そこで鮮烈な輝きを放った。

 スポーツランドSUGOという未知のサーキットでの走行にも関わらず、セッテ・カマラはいきなり予選でトップタイムをマーク。ポールポジションからスタートした決勝レースではピットアウト直後にクラッシュしてリタイアに終わったが、彼が残したインパクトは強烈なものだった。

Read Also:

ベストルーキー5位タイ:川合考汰(スーパーGT)

川合孝汰 Kohta Kawaai(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)

川合孝汰 Kohta Kawaai(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)

Photo by: Masahide Kamio

 2019年までFIA F4などで活躍した川合考汰は、2020年から埼玉トヨペット Green Braveの一員としてスーパーGT(GT300)、スーパー耐久などに参戦。スーパーGTではGRスープラ GTを駆り、特に富士スピードウェイで強さを発揮。最終戦ではQ2を担当してポールポジションを奪って大役を果たし、決勝でもそのまま優勝を飾った。GT300クラスのチャンピオンこそ逃したが、スーパー耐久ではST-3クラスの王者を懸けて2021年1月に開催される最終戦に臨む。

Read Also:

ベストルーキー5位タイ:カッレ・ロバンペラ(WRC)

Kalle Rovanperä, Toyota Gazoo Racing

Kalle Rovanperä, Toyota Gazoo Racing

Photo by: Toyota Racing

 2019年にWRC2 Proクラスでチャンピオンとなったロバンペラは、2020年からTOYOTA GAZOO Racing WRTの一員に抜擢され、19歳の若さでWRCデビューを果たした。全7戦に短縮された2020年シーズンではランキング5位に終わったものの、ラリー・スウェーデンでは3位表彰台を獲得するなど早くもその非凡な才能を見せている。

他にはこんな名前も……

アレックス・パロウ(インディカー)
リナス・ヴィーケイ(インディカー)
ロバート・シュバルツマン(FIA F2)
ニキータ・マゼピン(FIA F2)

Read Also:

シェア
コメント
【フォトギャラリー】写真で振り返る角田裕毅“F1ドライバー”への歩み(2017〜2020)

前の記事

【フォトギャラリー】写真で振り返る角田裕毅“F1ドライバー”への歩み(2017〜2020)

次の記事

2020年フランスF4王者の岩佐歩夢、FIA F3参戦が決定。ハイテックに加入

2020年フランスF4王者の岩佐歩夢、FIA F3参戦が決定。ハイテックに加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2 , FIA F3 , WRC , フォーミュラE , スーパーフォーミュラ , FIA-F4選手権