スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
18 4月
-
19 4月
イベントは終了しました
16 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
16 days
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
86 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
114 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
163 days

極寒の富士でSF公式テストがスタート、セッション1は平川亮がトップ

シェア
コメント
極寒の富士でSF公式テストがスタート、セッション1は平川亮がトップ
執筆:
2020/03/24 2:53

富士スピードウェイで2020年のスーパーフォーミュラ公式テストがスタート。最初のセッションでは平川亮がトップタイムをマークした。

 新型コロナウイルスの影響で開幕2戦が延期となった全日本スーパーフォーミュラ選手権だが、シーズン開幕に向けた公式合同テストが富士スピードウェイで開幕。1日目午前のセッション1は極寒の中での走行となったが、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が早くも1分21秒台前半を記録する速さをみせトップに立った。

 現在、国内でも感染拡大が続く新型コロナウイルスへの対策としてパドックへの一般入場は禁止され、パドックに立ち入るメディアおよびチーム関係者全員には、事前に問診票を提出することが義務付けられた。さらにメディアセンターは換気のために常時小窓が開けられ、座席も一部使用不可能にして、それぞれの作業スペースが接近しないようにするなどの対策もなされた。

 またピットガレージも、各チームごとでピットが隣接しないように間隔をとったピット配置にされた。

 そんな厳戒態勢の中で始まった公式テストは晴天ではあるものの風が強いというコンディション。気温8度、路面温度10度でセッション1がスタートした。

 各車ともに続々とコースインを果たしたが、その1周目にタチアナ・カルデロン(THREEBOND DRAGO CORSE)がダンロップコーナーの出口でスピンを喫しコース脇にストップ。これにより開始3分少々で赤旗中断となった。マシンの回収が終わり約10分ほどでセッションが再開されたが、今度は小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が2コーナーを過ぎたところでクラッシュを喫しコース上にストップ。またしても赤旗が出された。これにより開始30分は誰もタイムを計測できないまま、中断等で時間が過ぎて行くという波乱の展開となった。

 9時32分にセッションが再開されると、各車ともにそれぞれのテストメニューをこなしていった。開始1時間を経過した時点で山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分21秒480でトップ。2番手に牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)、3番手に福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がつけ、ホンダ/M-TEC勢がいきなり上位を独占する速さをみせた。

 一方THREEBOND DRAGO CORSEは、今回がマシンのシェイクダウンということもありスロットル系のトラブルに見舞われるなど、思うように走り込みができないでいた。それでもセッション後半には何度か連続周回を試みるなど、着実に周回数を重ねていた。

 セッションも残り5分を切ったところで、トヨタ/TRDエンジン勢が続々とタイムを更新。最終的に平川が1分21秒342でトップに浮上しこのセッションを終えた。2番手には牧野、3番手に山本、4番手に野尻智紀(TEAM MUGEN)とホンダ/M-TEC勢が続いたが、5番手に山下健太(KONDO RAICNG)が食い込むなど、トヨタ/TRD勢も上位につける結果となった。

SF富士公式テスト セッション1:結果

1. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 1'21''342
2. 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING) 1'21''396
3. 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 1'21''480
4. 野尻智紀(TEAM MUGEN) 1'21''532
5. 山下健太(KONDO RACING) 1'21''605
6. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 1'21''640
7. サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) 1'21''696
8. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S) 1'22''024
9. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 1'22''298
10. 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING) 1'22''405
11. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING) 1'22''488
12. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING) 1'22''504
13. 国本雄資(carrozzeria Team KCMG) 1'22''798
14. ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S) 1'22''826
15. シャルル・ミレッシ(B-Max Racing Team) 1'23''026
16. セルジオ・セッテ・カマラ(B-Max Racing Team) 1'23''268
17. ユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN) 1'23''282
18. 大嶋和也(ROOKIE Racing) 1'23''490
19. タチアナ・カルデロン(ThreeBond DRAGO CORSE) 1'25''190
ー. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)No Time

Read Also:

次の記事
セッテ・カマラ、SF電撃参戦! フィッティパルディに代わりB-Maxに加入

前の記事

セッテ・カマラ、SF電撃参戦! フィッティパルディに代わりB-Maxに加入

次の記事

SF富士合同テスト|セッション2も平川亮がトップ、上位は接戦

SF富士合同テスト|セッション2も平川亮がトップ、上位は接戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 富士公式合同テスト
執筆者 吉田知弘