スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
18 4月
-
19 4月
イベントは終了しました
16 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
12 days
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
82 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
110 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
159 days

富士公式テスト|セッション4も福住仁嶺がトップ、平川亮も好調さを維持

シェア
コメント
富士公式テスト|セッション4も福住仁嶺がトップ、平川亮も好調さを維持
執筆:
2020/03/25 9:51

富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラ公式テスト。複数回の赤旗中断に見舞われた2日目午後の最終セッションも福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が速さをみせた。

 スーパーフォーミュラの富士公式テスト。2日目午後の最終セッションは午前に引き続き福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマーク。2番手に平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が続き、1日目に上位を独占したふたりが、2日目も好調さを維持した。

 当初の予定より10分延長され14時30分から16時40分のスケジュールで行なわれたセッション4だが、赤旗中断が後を絶たなかった。開始20分のところで中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が100Rでスピン。マシンのダメージはなかったが、エンジンがストールしてしまったため、車両回収のために約9分間にわたって中断した。さらに開始45分を過ぎたところで、今度は小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が同じ100Rでコースオフ。左リヤタイヤのパンクが原因でのコースオフだった模様で、こちらも車両回収のためにセッションが中断された。

 さらに開始1時間15分を過ぎたところで、小林のチームメイトである国本雄資(carrozzeria Team KCMG)も左リヤタイヤがパンクしたことで300Rでスピンを喫し、3度目の赤旗中断となった。

 各車とも度重なる中断で思うようにメニューがこなせないなか、速さを見せたのが今季からフル参戦するドライバーたち。開始1時間を迎えるところでユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)が1分21秒819でトップタイムを更新すると、残り35分というところでサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)が1分21秒642でトップに浮上。ここまで上位になかなか顔を出さなかったふたりが、最終セッションになって本領を発揮し始めた。

 残り10分を切ると、各車とも最後のタイムアタックを敢行した。ここでトップタイムをマークしたのが昨日の午後のセッションで2番手だった福住。1分21秒207を叩き出しライバルを圧倒した。そこに続いたのが平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。1分21秒448を記録し2番手につけたところでチェッカーフラッグが振られた。

 結局、テスト1日目で速さをみせたふたりが、2日目も上位を独占する結果になった。3番手にはフェネストラズが入りルーキードライバー勢では最上位となった。

SF富士公式テスト セッション4:結果

1. 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 1'21''207
2. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 1'21''448
3. サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING) 1'21''642
4. 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 1'21''662
5. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 1'21''676
6. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING) 1'21''691
7. ユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN) 1'21''819
8. セルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing with B-MAX) 1'21''823
9. 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING) 1'21''832
10. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG) 1'21''929
11. ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S) 1'22''005
12. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S) 1'22''043
13. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)1'22''077
14. 野尻智紀(TEAM MUGEN) 1'22''236
15. 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING) 1'22''320
16. 山下健太(KONDO RACING) 1'22''446
17. 国本雄資(carrozzeria Team KCMG) 1'22''453
18. 大嶋和也(ROOKIE Racing) 1'22''746
19. シャルル・ミレッシ(B-MAX Racing with motopark) 1'22''892
20. タチアナ・カルデロン(ThreeBond DRAGO CORSE) 1'23''475

Read Also:

次の記事
SF富士公式テスト|セッション3は福住仁嶺がトップ、昨日からの好調さを維持

前の記事

SF富士公式テスト|セッション3は福住仁嶺がトップ、昨日からの好調さを維持

次の記事

JRP、12月開催も視野に入れ丁寧にSFカレンダー調整中「7戦はしっかり完結させたい」

JRP、12月開催も視野に入れ丁寧にSFカレンダー調整中「7戦はしっかり完結させたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 富士公式合同テスト
執筆者 吉田知弘