スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました
26 9月
次のセッションまで……
42 days
14 11月
次のセッションまで……
91 days

SF開幕戦は新型コロナ感染対策を徹底、観客を入れてワンデー開催へ

シェア
コメント
SF開幕戦は新型コロナ感染対策を徹底、観客を入れてワンデー開催へ
執筆:
2020/07/10 6:58

8月29日〜30日に開幕するスーパーフォーミュラ第1戦の開催概要が発表され、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で観客を動員したなかでレースを行なわれる。

 全日本スーパーフォーミュラ選手権をプロモートする日本レースプロモーション(JRP)およびツインリンクもてぎは、8月30日に開催予定の2020シーズン第1戦の概要を発表。予選と決勝を1日で行なうほか、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で観客を動員して開催することを明らかにした。

Read Also:

 当初は4月初旬に開幕を予定していたスーパーフォーミュラだが、新型コロナウイルスの影響でシーズン前半に予定していたレースが延期となり、8月末に開幕するスケジュールを新たに発表した。

 その際は細かな概要について発表はされていなかったが、7月10日にJRPから第1戦の開催に関する詳細が公開された。

 JRPはプレスリリースで、第1戦については国および地方公共団体の定めるルールを遵守した上で観客を動員して開催することを明らかにした。また感染対策のため大会期間中はドライバー・チームをはじめとする大会関係者を含む全来場者に対して入場時の検温、手指消毒、マスク着用、3密回避などの対策を徹底し、ソーシャルディスタンス確保のためピットウォークは実施しないことを決定した。

 また通常は予選と決勝を2日間かけて行なうが、今回は1日に短縮して開催。第1戦の公式予選は30日(日)10時00分から始まり、決勝レースは同日の14時15分からスタートする予定となっている。

 さらにレースフォーマットも変更され、昨年までは決勝は52周(249.672km)で争われていたが、今年は距離が短縮され35周(168.035km)で争われることとなった。なおレース中のタイヤ交換義務等はないため、スタートからゴールまでピットストップなく走りきることができる。レース中に給油作業を伴うピットストップがなくなることでスタッフの人数を減らすことができ、“密集状態”による感染リスクを少しでも下げることが狙いとしてあるようだ。その他の詳細については後日改めて発表される。

 またスーパーフォーミュラ第1戦の観戦チケットは7月25日から発売予定だが、新型コロナウイルス感染防止の観点から今大会におけるパドックパスとピットウォーク券の販売は一切ない。

Read Also:

山下健太、検疫の影響でレース計画はどうなる? WEC、SFいずれか欠場の可能性も

前の記事

山下健太、検疫の影響でレース計画はどうなる? WEC、SFいずれか欠場の可能性も

次の記事

JRP倉下社長がシーズン開幕に向けコメント「ようやく2020年の扉を開けられそうな段階にきた」

JRP倉下社長がシーズン開幕に向けコメント「ようやく2020年の扉を開けられそうな段階にきた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
執筆者 吉田知弘