スーパーフォーミュラ、今夏発表予定の2025年カレンダーは「ワクワクする」ものに? カーボンニュートラル燃料の導入時期は依然未定

スーパーフォーミュラを主催するJRPは、来シーズンの開催スケジュールについて鋭意調整中だとしながらも、「ワクワクするような」ものになるはずだと語った。

Pit lane

Pit lane

写真:: Masahide Kamio

 スーパーフォーミュラ第3戦が行なわれたスポーツランドSUGOで、シリーズを主催する日本レースプロモーション(JRP)による定例会見が行なわれた。シーズン折り返しの時期が近付いているということもあり、会見の中では開催カレンダーなど将来に関する質疑応答も複数あった。

 スーパーフォーミュラは6月のSUGO戦を終えると、7月上旬に富士スピードウェイでインシーズンテストを実施。同月に富士で第4戦を実施してシーズンは後半戦に移る。JRPは開幕前の段階で、カーボンニュートラルフューエル(CNF)を今季中に導入したい旨を明かしていたが、CNFについては続報がないままシーズンが進んだ。

 これについてJRPの上野禎久社長は「シーズン途中の導入を模索しておりましたが、現状決まったことはございません」とコメント。開幕前の段階では7月の富士テストでCNFを使用する可能性をほのめかしていたが、これについても「断言はしませんが、まだ決まっておりません」と語るにとどめた。

 CNFに関しては日本では2023年からスーパーGTで導入されているが、スーパーフォーミュラはスーパーGTとは違った種類のものを含め、様々なCNFをテストしてきた模様。実戦投入に向けても慎重な検討が続けられてきた。

 また、JRPと各チームオーナー間では、来季の開催カレンダーに関する協議も行なわれてきた。カレンダー策定には、日本で開催される世界選手権レースの日程、スーパーフォーミュラ参戦ドライバーが並行して参戦するスーパーGT、スーパー耐久の日程との兼ね合いもあるため、JRPは鋭意調整中とのこと。上野社長は8月頃には発表できるのではないかとした。

 来季カレンダーに関するヒントについて聞かれたJRPの近藤真彦会長は「楽しいカレンダーです(笑)。本気でワクワクするようなスケジュールを組んでいます」と期待感を煽るコメントを残した。

 スーパーフォーミュラではかねてよりレース数を増加させたい意向を示しており、2022年は7大会中3大会が2レース制になり計10戦に。2023年、2024年はそこから1レースが減って全9戦となっている。ただJRPは現状の開催数に満足しているわけではないと公言しているが、この「ワクワクするスケジュール」はさらなるレース数増加を示唆しているのか? それとも……。今夏に発表される予定のカレンダーには注目だ。

 

前の記事 ザウバーF1、マクラーレン”電撃解雇”のプルシェールに別のインディカーシートを模索中。来季F1候補は「4人の勝利経験者」か?
次の記事 天候不良の中、ドライバーたちは何を訴えていた? スーパーフォーミュラ第3戦SUGO、レース当日の無線交信を振り返る

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本