オートポリス、JSB1000決勝は15周に短縮。SF決勝5分遅れでスタート

シェア
コメント
オートポリス、JSB1000決勝は15周に短縮。SF決勝5分遅れでスタート
2018/05/13 6:35

視界不良によりスケジュールが変更となったオートポリス2&4レース。JSB1000クラスの決勝は15周に短縮されて行われることになった。

 霧による視界不良に見舞われたオートポリス2&4レース。午前中の走行はキャンセルとなり、その影響で午後の走行スケジュールが変更された。

 朝からの濃霧の影響で、9時10分から予定されていた全日本ロードレース選手権JSB1000クラスのフリー走行がディレイに。天候回復を待ったが、その後セッション中止が正式にアナウンスされた。同じく9時50分から予定されていたスーパーフォーミュラのフリー走行もキャンセルとなった。

 その後、雨は小康状態となり視界も少しずつ回復。それぞれの決勝前にフリー走行/ウォーミングアップ走行が行われることになり、午後のスケジュールが大幅に変更された。

 本来20周の予定だったJSB1000クラスの決勝は15周に短縮。スーパーフォーミュラの決勝は予定通り54周で行われるが、スタートは5分遅れでの開始予定となる。

 午後のスケジュールは以下の通りとなっているが、11時50分からスタートしたJSB1000クラスのフリー走行は再び視界が悪化したことで赤旗が掲示され、そのままセッション終了となっている。

【5月13日(日)】

11:50 JSB1000クラス/フリー走行(15分間)
12:15 JSB1000クラス/スタート進行開始
12:30 JSB1000クラス/ウォームアップラップ・決勝開始(15周)

13:20 スーパーフォーミュラ/ウォーミングアップ走行(20分間)
13:45 スーパーフォーミュラ/グリッドへの試走開始
13:52頃 スーパーフォーミュラ/グリッドウォーク開始
14:15 スーパーフォーミュラ/フォーメーションラップ・決勝スタート(54周)

次の記事
視界不良続くオートポリス。決勝日午前の走行セッション中止が決定

前の記事

視界不良続くオートポリス。決勝日午前の走行セッション中止が決定

次の記事

スーパーフォーミュラ第2戦、決勝レースは悪天候により中止が決定

スーパーフォーミュラ第2戦、決勝レースは悪天候により中止が決定
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦オートポリス
ロケーション オートポリス