オートポリス2&4レース決勝日、視界不良でセッション開始に遅れ

シェア
コメント
オートポリス2&4レース決勝日、視界不良でセッション開始に遅れ
2018/05/13 0:10

スーパーフォーミュラ第2戦、2&4レースとして開催されているオートポリスは、視界不良の影響により午前中のスケジュールが変更された。

 オートポリス スーパー2&4レース2018、決勝が行われる13日(日)は朝から濃霧による視界不良の影響で、午前中のセッションが開始できない状態となっている。

 2&4レースとして、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスの第3戦、スーパーフォーミュラの第2戦が併催されている今週末。予選日までは天候も良く、順調にセッションが行われていた。

 しかし、決勝日は朝から雨が降りしきっている状態。標高700m以上という高地に位置するサーキットは、霧によりピットレーン出口から1コーナーまでが見えないほどの視界不良に見舞われた。

 これにより、午前9時10分から予定されていたJSB1000クラスのフリー走行はディレイとなり、10時5分からに変更。9時50分から予定されていたスーパーフォーミュラのフリー走行も10時35分からのスタートに変更された。

 また、この影響でピットウォークの時間が短縮され、JSB1000クラスの決勝は20周から18周へ変更。現時点ではスーパーフォーミュラの決勝はスタート時刻、レース距離ともに変更はないが、今後もスケジュールは流動的になる可能性がありそうだ。

次の記事
松下信治、初のQ3は”気持ちが入りすぎ”も、トップ3は『当然の結果』

前の記事

松下信治、初のQ3は”気持ちが入りすぎ”も、トップ3は『当然の結果』

次の記事

視界不良続くオートポリス。決勝日午前の走行セッション中止が決定

視界不良続くオートポリス。決勝日午前の走行セッション中止が決定
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦オートポリス
ロケーション オートポリス