松下信治、初のQ3は”気持ちが入りすぎ”も、トップ3は『当然の結果』

シェア
コメント
松下信治、初のQ3は”気持ちが入りすぎ”も、トップ3は『当然の結果』
執筆: 松本 和己
2018/05/12 12:22

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス、予選で3番手を獲得した松下信治は、今回の結果を当然の結果だと断言してみせた。

 オートポリスで開催されているスーパーフォーミュラ第2戦。予選3番手を獲得した松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は予選を振り返り、Q3のアタックは気持ちが先行してしまったと語った。

 予選日午前中に実施されたフリー走行では、セッション序盤にクラッシュを喫し、十分な走行ができなかった松下。オートポリスは今回のレースが初めてだという中で、予選はほぼ”勘”に頼った状態でのアタックになったという。

 それでも予選Q1、Q2を共に4番手でクリア。気持ちが入りすぎてしまったというQ3では、ミスがありながらも3番手に食い込んでみせた。

「僕的にはすごく難しい予選でした。フリー走行で1周も(まともに)走れなかったので、初日の路面が悪い状態の時のフィーリングを思い出して行ったので、ほとんど勘みたいな感じでした」

「そこは経験を活かしてうまくやれたんですが、最後のQ3のアタックではセクター1、2でブレーキを遅らせ過ぎたりとミスが多く、気持ちが先に行ってしまったようなラップだったので、そこは自分としての課題かなと思います」

 そう予選を振り返った松下は、ポールポジションを獲得した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)との差である0.289秒はドライビングの差だと潔く認める一方、予選3番手にはある程度満足している様子だった。

「クラッシュしたマシンを直してくれたチームにビッグサンキューというか、全く問題はなかったので、そこからの3番手は全然悪くないと思います」

 松下には2015年から3年間、F1直下のカテゴリーであるGP2及びFIA F2選手権でその腕を磨いてきた自負がある。シリーズ参戦2戦目で初のQ3進出を果たし、予選3番手を獲得したことをどう思うか訊かれると、当然の結果だと言ってのけ、経験に裏打ちされた自信をみせていた。

 平川にグリッド降格のペナルティが科せられているため、松下はフロントロウからのスタートとなる。”ルーキー”の彼がどんな走りを見せるのか、目が離せないレースとなりそうだ。

次の スーパーフォーミュラ ニュース
まさかの“同タイム”でQ2敗退の石浦宏明「明日は最低1点でも持ち帰る」

前の記事

まさかの“同タイム”でQ2敗退の石浦宏明「明日は最低1点でも持ち帰る」

次の記事

オートポリス2&4レース決勝日、視界不良でセッション開始に遅れ

オートポリス2&4レース決勝日、視界不良でセッション開始に遅れ
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦オートポリス
ロケーション オートポリス
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース