スーパーフォーミュラ第2戦、決勝レースは悪天候により中止が決定

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第2戦、決勝レースは悪天候により中止が決定
2018/05/13 8:02

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの決勝レースは、天候回復が見込めないために中止が決定された。

 2&4レースとして、全日本ロードレース選手権JSB1000クラス第3戦と併催となっているスーパーフォーミュラ第2戦オートポリス。天候の回復が見込めないため、決勝レースの中止が決定された。

 午前中から雨が降り、霧が出てしまったことでスケジュールが大幅に変更となっていたが、JSB1000クラスの決勝レースはなんとか天候が保ち、ダンプ路面で15周のレースが行われた。

 しかし、JSB1000クラスの表彰式中に再び雨が降り出してしまう。その雨量は多く、スーパーフォーミュラの決勝直前に変更されたスーパーフォーミュラのフリー走行では、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がスピンを喫し、セッションは赤旗終了となっていた。

 その後、決勝グリッドへの試走がディレイとなり、スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)と各チーム代表が協議した結果、レース中止が決定された。

 ドライバーたちはサーキットでレース実施を待っていたファンのため、15時からサイン会を実施することとなっている。

次の記事
オートポリス、JSB1000決勝は15周に短縮。SF決勝5分遅れでスタート

前の記事

オートポリス、JSB1000決勝は15周に短縮。SF決勝5分遅れでスタート

次の記事

野尻智紀、決勝中止を支持も「お客さんにレースを見て欲しかった……」

野尻智紀、決勝中止を支持も「お客さんにレースを見て欲しかった……」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦オートポリス
ロケーション オートポリス