土曜フリー走行:ロシターがトップタイム。松下は序盤にクラッシュ喫す

シェア
コメント
土曜フリー走行:ロシターがトップタイム。松下は序盤にクラッシュ喫す
2018/05/12 3:17

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの土曜フリー走行が行われ、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップとなった。

 オートポリスで開催している2018スーパーフォーミュラ第2戦。土曜日のフリー走行は、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムをマークした。

 今回がスーパーフォーミュラ初参戦のトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)を先頭に、各車が続々とコースインしていった。

 そのディルマンは前日の専有走行と同じくソフトタイヤで走行開始。一方、P.MU / CERUMO・INGING勢はフロントにソフトタイヤ、リヤにミディアムタイヤを装着し、フロントタイヤのスクラブ(皮むき)を実施した。

 タイムを計測するマシンが出始めていたセッション開始7分、松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が3コーナーの立ち上がり付近でスポンジバリアに突っ込んでしまい、セッションは赤旗中断となった。

 この時点でのトップは、山下健太(KONDO RACING)の1分29秒717。塚越広大(REAL RACING)が2番手に続いた。

 残り時間40分からセッション再開。ソフトタイヤで走行を続けているディルマンが1分27秒983のタイムを記録し、タイムシートのトップに浮上した。

 セッション折り返しを過ぎると、ソフトタイヤでアタックを実施するマシンが増え始め、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)が1分26秒975まで一気にタイムを更新した。

 このタイミングで、第1ヘアピン手前で関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、3コーナーで国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)が相次いでスピン。幸い両車ダメージはなかったが、セッション序盤の松下も同エリアでクラッシュを喫しており、かなり滑りやすいコンディションとなっているようだ。

 セッション残り8分を切ると、予選に向けてのシミュレーションが本格化していく。ニック・キャシディ(KONDO RACING)がアタックし、2番手に浮上。関口、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続くが、早めに記録したロシターのタイムには届かない。

 するとセッション終了直前に、阪口晴南(TEAM MUGEN)が1コーナー先でコースオフ。関口も最終コーナー手前でスピンを喫し、マシンを降りた。

 結局、セッショントップとなったのはロシター。唯一の1分26秒台をマークしている。ホンダ勢のトップは野尻の4番手だ。

 このセッションはコースオフが続出しており、路面はまだ出来上がっていると言えない様子。15時50分からスタートする予選に向けて、いかにマシンを合わせ込むかが鍵になってきそうだ。

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 土曜フリー走行

1. ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:26.975
2. ニック・キャシディ(KONDO RACING)/1:27.126
3. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:27.316
4. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:27.426
5. 千代勝正(B-Max Racing)/1:27.454
6. 山本尚貴(TEAM MUGEN)/1:27.549
7. 石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)/1:27.612
8. 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)/1:27.744
9. 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)/1:27.905
10. 塚越広大(REAL RACING)/1:27.976
11. トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:27.983
12. 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)/1:27.993
13. 国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)/1:28.048
14. 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)/1:28.158
15. 山下健太(KONDO RACING)/1:28.168
16. 阪口晴南(TEAM MUGEN)/1:28.482
17. ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)/1:28.491
18. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)/1:28.892
19. 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)/1:33.461

次の スーパーフォーミュラ ニュース
ぶっつけ本番で臨むディルマン「学ばなければいけないことがたくさん」

前の記事

ぶっつけ本番で臨むディルマン「学ばなければいけないことがたくさん」

次の記事

スーパーフォーミュラ第2戦の持ち越しタイヤ一覧が公開

スーパーフォーミュラ第2戦の持ち越しタイヤ一覧が公開

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第2戦オートポリス
ロケーション オートポリス
記事タイプ 速報ニュース